エアビーアンドビー、パリで貸出日数を制限

民泊予約サイトの米エアビーアンドビー(Airbnb)は、近くパリで年間120日を超える貸し出しを自動的にブロックする方針だ。法令に基づく自発的措置で、現在、自治体の了承を待っている。仏メディアのザ・コネクションが伝えた。

フランスでは、自宅を用いた年間120日超の民泊を法律で禁止。パリなどでは最近、民泊予約サイトを利用する家主に役所への登録を義務付ける法令も施行されている。ただ、まだオンラインで登録手続きができる自治体がないため、エアビーアンドビーは独自のシステム提供を申し出ているという。

同社のパリの貸し出し物件数は7万8,000軒と世界の都市で最多。人口比で見ても、住民約30人に1軒の割合と、2位のロンドン(200人に1軒)をはるかに上回る。

昨年はフランス国内の民泊利用者800万人のうち220万人がパリかその周辺に宿泊しているという。


関連国・地域: 英国フランス米国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信観光・娯楽政治

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

広告ピュブリシス、上半期は19%減益(07/20)

エミレーツ航空、フランス便を8月から増便(07/20)

エアバス、印新興企業3社と事業提携(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

アクサ、UAE再保険会社の過半数株取得へ(07/19)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

石油トタル、印ITタタと技術開発で提携(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン