独下院、ブルカ着用の部分的な禁止法案可決

ドイツ連邦議会(下院)は、顔全体を覆うイスラム教徒の女性用ベール「ブルカ」の着用を部分的に禁止する法案を可決した。成立にはさらに連邦参議院(上院)での承認が必要。AFP通信などが伝えた。

新法導入の背景には、昨年12月にベルリンのクリスマス市に大型トラックが突っ込んだ事件など、イスラム過激派によるテロが相次いでいることがある。上院での承認後、公務員や裁判官、兵士が職場でブルカを着用することは認められなくなる。

隣国フランスは、2011年に公の場でのブルカ着用を全面的に禁止するルールを導入。ドイツの右派政党も同様の措置を主張していた。

ドイツには過去1年半で100万人以上の移民が流入。中東出身のイスラム教徒が大半を占める。デメジエール内相は移民の社会統合に向け、「わが国の異文化への寛容性にも限度があることを明確に伝える必要がある」と話している。


関連国・地域: ドイツフランス中東
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

アリオン銀行、2カ国のナスダックに上場へ(05/21)

ディーゼル車の乗り入れ規制、実施に青信号(05/21)

生産者物価、4月は2%上昇(05/21)

プーマ、NY5番街に旗艦店開設へ(05/21)

高級車アウディ、中国で66万台をリコール(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

最高裁、ビールの健康増進うたう広告を禁止(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

独政府、5G向け周波数の入札を来年に延期(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン