• 印刷する

ブレグジットを後悔する英国人が増加

英国の欧州連合(EU)からの離脱を後悔する国民が増加している――。英紙タイムズがインターネット調査会社ユーガブ(YouGov)に委託した最新調査で、こうした傾向が明らかになった。

ユーガブは4月25~26日、英国に在住する成人1,590人を対象に調査を行った。その結果、ブレグジットを後悔していると回答した人は、前回調査から2ポイント上昇し、45%に達した。一方、ブレグジットが正しかったとの回答は3ポイント減の43%に後退し、昨年6月の国民投票後初めて、両者の勢力が逆転した。国民投票では離脱賛成派が52%、反対派が48%だった。

なお、単一市場への残留よりも、移民規制や主権の回復を優先する「ハード・ブレグジット」の支持者は43%、人の自由な移動を受け入れ、単一市場に参加する「ソフト・ブレグジット」の支持者は36%だった。また、全体の39%はブレグジットにより景気が悪化すると思うと回答し、景気が上向くとの回答(28%)を上回った。18%は影響がないとみている。

なお、6月8日に実施される総選挙に向けた政党支持率の調査では、保守党が45%と、労働党の29%を上回った。これに、自由民主党(10%)、英国独立党(UKIP、7%)が続いている。次期首相については、全体の48%がメイ現首相を支持。労働党のコービン党首は18%にとどまった。また、「わからない」と答えた人が33%に及んでいる。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

製薬ノバルティス、4年以内に2千人超整理(09/26)

ヴェルサーチが身売りで合意 米マイケル・コースの傘下に(09/26)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で合意(09/26)

労働党、政府離脱案に反対へ 2度目の国民投票支持も示唆(09/26)

EUの経済委、英拠点の投資銀への規制強化(09/26)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

金融界の移転先、フランクフルトが優位維持(09/26)

合意なしのEU離脱で航空便の運航に支障も(09/26)

EU、米制裁回避の決済システム構築へ(09/26)

米コムキャスト、スカイの株式30%超を取得(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン