• 印刷する

仏大統領選のルペン候補、国民戦線党首を退任

フランス大統領選挙の第1回投票で2位に付けた極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首は24日夜、党首を一時的に退任する意向を明らかにした。5月7日の決戦投票を前に、極左を含む幅広い層にアピールすることで支持率を伸ばす狙い。AFP通信などが伝えた。

ルペン氏はツイッターで「私はもう国民戦線の党首ではない。大統領選の候補者だ」とコメント。全国民を代表する候補になる意向を示した。

第1回投票では、中道で無所属のエマニュエル・マクロン前経済・産業・デジタル相が24.01%で首位に立った。ルペン氏は21.3%とこれに迫った上、国民戦線の候補としては過去最高の760万票を獲得。なお投票率は77.77%と、大統領選としては過去15年で最低の水準だった。

調査機関Ifopとコンサルティング会社フィデュシアル(Fiducial)の調査によると、決選投票でのマクロン氏の得票率は60%になる見込みで、世論調査会社ELABEは64%と予想する。オランド大統領は正式にマクロン氏支持を表明。第1回投票で敗れた中道右派・共和党のフィヨン元首相や、中道左派候補のアモン前国民教育相も既に支持に回っており、ルペン氏が残り2週間弱でどこまで追い上げるかが注目される。


関連国・地域: フランス
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

夜間外出禁止令、違反件数が3千件超に(10/22)

仏大統領、露政府にテロ対策強化を要請(10/22)

アルストム、イラク政府と鉄道開発で契約(10/22)

仏政府、ブリヂストンに工場維持案を提示(10/21)

エアバスとイスラエル社、監視サービス受注(10/21)

日本無線、プライベートLTEシステム受注(10/21)

ナブヤ、仏中部で無人自動運転シャトル導入(10/21)

ダノン、経営体制とポートフォリオを見直し(10/20)

香港、フランスなどを高感染リスク国に(10/20)

パリで歴史教師の首切断される=テロ行為か(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン