独で世界初の空飛ぶ電動タクシーの試験が成功

ドイツで20日、「空飛ぶ電動タクシー」の無人試験飛行が成功した。垂直離着陸機(VTOL)の開発に取り組むスタートアップ企業のリリウム(Lilium)が手掛けたもので、2020年に生産を開始する予定。

VTOLはヘリコプターと同様、垂直に離着陸できるため滑走路が不要だが、回転翼を用いないため上空ではヘリコプターより高速で飛行できる利点がある。今回、試験飛行を行ったのは2人乗りの電動VTOL「リリウム・ジェット」のプロトタイプ。垂直離陸後に空中で前進飛行モードに切り替えるなどの複雑な操作をスムーズにこなした。

リリウムは今後、5人乗りの電動VTOLを開発し、2019年に有人飛行試験を実施、2025年には「空飛ぶタクシー」として実用化する計画。実現すれば最高飛行速度は時速300キロメートルに達し、通常のタクシーでは平均55分かかる米ニューヨークのマンハッタンからジョン・F・ケネディ国際空港までを5分で移動できるという。米配車大手ウーバー(Uber)と同様、スマートフォンのアプリを通じて配車を行うビジネスモデルを想定している。

リリウムは2015年、スイス・スウェーデン資本のエンジニアリング大手ABB出身のエンジニア、ダニエル・ウィーガント氏が、ミュンヘン工科大学の同窓生3人と共同で設立。出資者には米マイクロソフト(MS)傘下のIP(インターネットプロトコル)電話大手スカイプ(ルクセンブルク)の創業者ニクラス・ゼンストローム氏も名を連ねる。

「空飛ぶタクシー」として2025年の実用化を目指す(リリウム提供)

「空飛ぶタクシー」として2025年の実用化を目指す(リリウム提供)


関連国・地域: ドイツスウェーデンルクセンブルクスイス米国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信製造一般運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン