英国、石炭火力発電に頼らない日を達成

英国は21日、産業革命以降で初めて、石炭火力発電を全く使用しない日を達成した。英送電大手ナショナル・グリッドが発表した。

英国では1882年に初の石炭火力発電所が稼働を開始。それ以来、24時間連続で石炭火力発電に頼らなかったことは1度もなく、これまでの最長記録は19時間だった。この日は国内消費電力のうち、約半分がガス火力発電、約4分の1が原子力発電によって賄われ、残りを風力およびバイオマス発電と輸入電力が占めた。

ナショナル・グリッドは今回の新記録について「画期的な瞬間」とコメント。「英国は多様で柔軟な電力供給減に恵まれており、エネルギーミックスも変化し続けている」と話している。

英政府は二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向け、2025年までに石炭火力発電所を段階的に閉鎖する方針を打ち出している。石炭火力発電は1990年代まで最大の電力供給源だったが、近年は発電所の閉鎖やバイオマス発電への転換により発電量が急減。総発電量に占める比率は2015年には23%、2016年にはわずか9%へと低下している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計天然資源電力・ガス・水道社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン