• 印刷する

パリ・シャンゼリゼ通りでテロ、警察1人死亡

パリ中心部のシャンゼリゼ通りで20日午後9時ごろ(現地時間)、発砲事件があり、警官1人が死亡、他に2人が負傷した。容疑者は応戦した警官隊に射殺された。警察当局は実行犯をフランス人の男(39)と特定し、直ちにパリ東郊シェル(Chelles)にある自宅を家宅捜索した。事件後にはイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出している。AFP通信が伝えた。

男は、シャンゼリゼ通りに止まっていた警察バスの近くに車で乗りつけ、バスに向かって自動小銃を発砲した。当局は男の車内で見つかった遺留品などから身元を既に特定しており、地元メディアによるとカリム・シュルフィ容疑者とみられる。男は2001年に警官に対する殺人未遂罪で懲役16年の実刑判決を受けた。今年2月にはテロ計画で拘束されたものの、証拠不十分で釈放された経緯がある。

事件後、別の男がベルギー北部アントワープの警察署に自首しており、当局は事件との関連を調べている。またロイター通信によると、仏当局は実行犯の家族3人を拘束した。なお、IS系ニュースサイト「アーマク通信」は実行犯として別の氏名を公表しており、謎が残っている。

この日は仏大統領選の第1回投票を目前に控えていたが、事件を受けて候補者たちは選挙活動を自粛することを決めた。


関連国・地域: フランスベルギー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

キングスパン、ベルギー社の2事業に買収案(04/18)

アグリコル、西サンタンデールと事業統合へ(04/18)

マクロン大統領「5年でノートルダム再建」(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ユーロ圏貿易収支、2月は黒字拡大(04/18)

独政府専用機またも緊急着陸=旅客便に影響(04/18)

防衛タレス、印カルヤニと兵器開発で提携(04/17)

カルフール、店内店舗で中国・国美と提携(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン