現代モービス、チェコの照明工場が操業開始

韓国の自動車部品大手、現代モービスは19日、チェコ東部モラビアシレジア州のオストラバ(Ostrava)に建設した自動車用照明工場が量産を開始したと発表した。1,400億ウォン(1億2,000万ドル)を投じたもので、ヘッドランプとリアランプを年間75万個ずつ生産する。 同社は2014年に…

関連国・地域: 韓国チェコスロバキアアジア
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シュコダ、印でスパーブに新型ローン導入(04/24)

VW、印工場の出荷台数が100万台突破(04/23)

ユーロホールド、CEZの資産取得で協議(04/18)

EU、新ガス導管に2億ユーロの助成金拠出(04/17)

VW、新工場の候補地にトルコかブルガリア(04/16)

VW、韓国社と大型EV電池工場設置に意欲(04/16)

VWの世界販売、4.3%減少 アジアと中南米の不振響く=3月(04/15)

中国と中東欧の「16プラス1」サミット開催(04/12)

チェコのビール生産量、昨年は過去最高(04/11)

チェコのインフレ率、3月は3%に加速(04/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン