現代モービス、チェコの照明工場が操業開始

韓国の自動車部品大手、現代モービスは19日、チェコ東部モラビアシレジア州のオストラバ(Ostrava)に建設した自動車用照明工場が量産を開始したと発表した。1,400億ウォン(1億2,000万ドル)を投じたもので、ヘッドランプとリアランプを年間75万個ずつ生産する。 同社は2014年に…

関連国・地域: 韓国チェコスロバキアアジア
関連業種: 自動車・二輪車製造一般金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

建設スカンスカ、事業再編で3千人整理へ(01/19)

チェコ、バビシュ首相の新内閣が総辞職(01/18)

スロバキアの自動車生産、100万台突破(01/18)

VW、世界販売で記録更新 ルノー連合と首位争い=2017年(01/18)

中国・自転車シェアofo、プラハに本格進出(01/18)

チェコ小売売上高、11月は7.8%増加(01/17)

半導体商社ネクスティ、欧州法人を設立(01/17)

特許庁、仏サノフィ薬の形状商標登録を認定(01/16)

イケア、プラハにポップアップ店舗開設へ(01/15)

チェコ大統領選、ゼマン氏が決選投票へ(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン