• 印刷する

ロンドンの「スーパー下水道」、建設工事進む

ロンドンの新たな大型下水道「テムズ・タイドウェイ・トンネル」の建設作業が進められている。既存の下水道網は処理能力が限界に達しており、1858年以来の一大プロジェクト。テムズ川に放出される年間数千万トンの廃水を削減することが期待されている。

このプロジェクトはテムズ川の地下に全長25キロメートルの下水路を敷設するもの。総工費は42億ポンドに上る。英政府と英水道最大手のテムズ・ウォーターが設立した新会社タイドウェイが建設・運営を手掛ける。下水路は西ロンドンから東部ライムハウスまでをテムズ川に沿う形で敷設され、ストラットフォード近くのアビー・ミルズ揚水所からベクトン下水処理所までを専用トンネルでつなぐ計画だ。

「テムズ・タイドウェイ・トンネル」の予備工事は2016年に始まった。今年はトンネルの掘削工事に着手、2021年にトンネル工事が終了し、2023年に全ての作業が完了する予定だ。

テムズ・ウォーターは水道料金を引き上げて建設費の3分の1を捻出し、残りの28億ドルはタイドウェイが民間出資を募って負担する。タイドウェイは、テムズ・ウォーターと125年契約を交わし、利用者から月額料金を直接徴収した上で、下水道サービスを提供する。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

失業率、11月は5%=過去4年超で最悪(01/27)

マスターカード、英EU間の手数料引き上げ(01/27)

リバティ、ティッセン鉄鋼事業取得で再提案(01/27)

英国民医療制度、ワクチン詐欺に注意喚起(01/27)

感染者数、英は縮小もスペインは週末最多に(01/27)

欧州委、ワクチン輸出の事前報告義務付けへ(01/27)

米、欧州諸国からの入国制限継続=南ア追加(01/27)

英リバティ、ポーランド工場取得の承認獲得(01/26)

ブーフー、百貨店デベナムズのブランド取得(01/26)

シェル、4月にルーマニアに再進出(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン