ローマの街灯、LEDに切り替え=住民は不満も

「永遠の都」ローマの街灯が次々と発光ダイオード(LED)灯に切り替えられている。環境とコストに配慮した措置だが、地元住民からは「風情がなくなる」といった不満の声も上がっている。ロイター通信などが伝えた。

ローマ市は約5,000万ユーロを投じて、市内の全ての街灯をLED仕様にする。伊公益事業アチェア(ACEA)によると、既に10万本の街灯がLEDになっており、観光がピークを迎える夏までには切り替えが完了する予定。LED灯は、従来のナトリウム灯よりも明るく、見通しが良くなるため、治安の面でも安心感が高まる。さらに、向こう10年間で二酸化炭素(CO2)35万トン、燃料消費18万トン、維持費約2億6,000万ユーロを削減できるという。

ただ、市のこの決定に一部住民からは「LEDライトの青白い光は病院のようだ」、「事前になんの通知もなかった」など不満の声も上がっており、昔ながらのナトリウム灯の黄色い柔らかな光が惜しまれている。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: 電力・ガス・水道観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

伊メディアセット、EIタワーズにTOB(07/19)

コーヒーのイリー、JABやネスレが関心(07/19)

日立、ミラノ地下鉄向け車両72両を追加受注(07/18)

モンテ・パスキ、不良債権証券化で国家保証(07/18)

欧州新車登録、5.2%増加 6月として過去最高を記録(07/18)

伊政府、500億ユーロの追加投資計画を提案(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン