• 印刷する

独、ヘイトスピーチ放置なら5千万ユーロの罰金

ドイツ政府は5日、ヘイトスピーチなどの投稿を削除しない場合に、米フェイスブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に最大5,000万ユーロの罰金を科すなどの内容を盛り込んだ法案を閣議承認した。9月に総選挙を控え、こうした書き込みが世論に与える影響を排除するための措置で、選挙前の法案可決を目指す。実現すれば、ヘイトスピーチをめぐる明確な法的ガイドラインが導入されるのは欧州初となる。

法案はSNSに対し、明らかに犯罪性のある書き込みを24時間以内に削除またはブロックするよう要請。違法性が定かではないケースについては、対応に7日間の猶予を付与。いずれも通知者に対策措置を報告するよう義務付ける。また罰金対象となった企業のドイツ事業トップにも最大500万ユーロの制裁金を科す。

法務・消費者保護省によると、ヘイトスピーチをめぐるSNS各社の対応はまちまちで、ツイッターはほとんど削除しないのに対し、フェイスブックは約5割を、米インターネット検索エンジン大手グーグル傘下の動画視聴サイト「ユーチューブ(YouTube)」は約9割をそれぞれ削除している。

ドイツは中傷、犯罪扇動、暴力の脅しなどを含むヘイトスピーチに対する規制で、世界で最も厳格な国の1つとされる。ホロコーストの否定やマイノリティーへの憎悪をあおる行為には禁固刑も科す。

マース法務・消費者保護相は、こうした規制を欧州レベルで導入したいと意欲を示した。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ、チェコとの国境管理を終了(04/15)

独のコロナ入院患者、若年化の懸念(04/15)

最高裁、VWにローン金利含めた補償命令(04/15)

独当局、ワッツアップの情報共有阻止へ(04/15)

リンデ、南ア社と持続可能な航空燃料生産(04/15)

欧州7カ国、化石燃料の輸出保証停止へ(04/15)

独で日系企業狙いの詐欺電話・メールが横行(04/15)

パスポートランキング、欧州首位はドイツ(04/15)

連邦政府、規制の権限強化へ 州から移管する法案を閣議決定(04/14)

ボッシュ、ハンガリーに人事サービス拠点(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン