• 印刷する

ドイツ国民の新聞への信頼度、過去最高に

ドイツで新聞に対する信頼度が、調査が開始された2000年以降で最高水準に達していることが、ビュルツブルク大学による2016年の年次調査で分かった。「嘘つきメディア(Lugenpresse)」の標語が流布する中、これと相反する結果となった。ザ・ローカルが4日伝えた。

それによると、印刷媒体を信頼するとの回答は全体の55.7%に達し、2015年から10ポイント上昇。2000年時の30.2%からは、大きく25.5ポイント伸びている。印刷媒体を信用しないとの回答は38.8%だった。年齢層別では、75歳以上の約3分の2が印刷媒体を支持。一方、25~34歳の若年層に限ると、信頼度はおよそ50%に低下する。

他の媒体を見ると、最も好評を得たのはラジオで、67.8%がこれを信頼すると回答。前年から7ポイント上昇し、こちらも過去最高を記録した。また、テレビからの情報を信じるとの回答も5ポイント上昇し、60.5%に達した。

なお、「嘘つきメディア」は、ナチス・ドイツの宣伝責任者を務めたヨーゼフ・ゲッベルス氏が、国外のメディアに対して使用したのが最初とされる。近年は、東部ドレスデンで毎週、反イスラム団体「西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者(PEGIDA)」がデモ行進で「嘘つきメディア」を連呼。2014年には不快語大賞に選ばれている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トラトン、自動運転トゥーシンプルと提携(09/24)

9月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

デンカ、ベルギーでノロワクチンの治験開始(09/24)

伊金融ウニクレディト、独の一部事業売却か(09/24)

独消費者信頼感、10月はほぼ横ばい(09/24)

食肉処理場2社、不法就労で家宅捜索(09/24)

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

ドイツ銀、国内の支店網2割を閉鎖へ(09/23)

ルフトハンザ、航空機をさらに150機削減へ(09/23)

TUI、3億ユーロのコスト削減策に着手(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン