• 印刷する

ドイツ国民の新聞への信頼度、過去最高に

ドイツで新聞に対する信頼度が、調査が開始された2000年以降で最高水準に達していることが、ビュルツブルク大学による2016年の年次調査で分かった。「嘘つきメディア(Lugenpresse)」の標語が流布する中、これと相反する結果となった。ザ・ローカルが4日伝えた。

それによると、印刷媒体を信頼するとの回答は全体の55.7%に達し、2015年から10ポイント上昇。2000年時の30.2%からは、大きく25.5ポイント伸びている。印刷媒体を信用しないとの回答は38.8%だった。年齢層別では、75歳以上の約3分の2が印刷媒体を支持。一方、25~34歳の若年層に限ると、信頼度はおよそ50%に低下する。

他の媒体を見ると、最も好評を得たのはラジオで、67.8%がこれを信頼すると回答。前年から7ポイント上昇し、こちらも過去最高を記録した。また、テレビからの情報を信じるとの回答も5ポイント上昇し、60.5%に達した。

なお、「嘘つきメディア」は、ナチス・ドイツの宣伝責任者を務めたヨーゼフ・ゲッベルス氏が、国外のメディアに対して使用したのが最初とされる。近年は、東部ドレスデンで毎週、反イスラム団体「西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者(PEGIDA)」がデモ行進で「嘘つきメディア」を連呼。2014年には不快語大賞に選ばれている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

GDP、第4四半期は0.2%減 物価高で個人消費が低迷=速報値(01/31)

ショルツ首相、南米3カ国歴訪=就任後初(01/31)

格安スーパーのリドル、英生産者へ投資拡大(01/31)

独製造業界、今年の光熱費は4割増か(01/31)

Bグリム、タイでの発電容量目標を維持(01/31)

ミシュラン、DHLと耐パンク性タイヤ試験(01/31)

独豪、水素開発事業を支援 4件に最大9千万ドル拠出へ(01/30)

ドイツポスト、従業員1.4万人がスト(01/30)

メルセデス、米でレベル3の自動運転車販売(01/30)

クラウドのイオノス、IPO仮条件設定(01/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン