フリーフロム食品、英国の過半数世帯が購入

英国で健康志向の高まりとともに、「フリーフロム(free from)」食品の市場が着実に拡大している。市場調査会社カンター・ワールドパネルが4日公表したデータを元に、BBC電子版などが報じた。

フリーフロムとは英語で「含まれていない」の意。例えばグルテンを含まない食品は「グルテンフリー」などと宣伝され、特定成分が含まれない食品を総称してフリーフロム食品と呼ぶ。

英国では医学的理由から一部の食品成分の摂取を控える必要がある人は全体の5%に過ぎない。しかし今回の調査によると、英国の全世帯の54%が過去3カ月の間に何らかのフリーフロム食品を購入。1年前に比べ購入者は330万人増えている。

フリーフロム食品の売上高はこの期間、36%増加。特に若年層に人気があり、45歳未満を含む世帯は購入率が他の世帯を20%上回った。


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料医療・薬品商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

小売売上高、6月は0.5%減少(07/20)

スポーツダイレクト、通期は12%増益(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

レストランのガウチョ、管財人の管理下に(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン