• 印刷する

フリーフロム食品、英国の過半数世帯が購入

英国で健康志向の高まりとともに、「フリーフロム(free from)」食品の市場が着実に拡大している。市場調査会社カンター・ワールドパネルが4日公表したデータを元に、BBC電子版などが報じた。

フリーフロムとは英語で「含まれていない」の意。例えばグルテンを含まない食品は「グルテンフリー」などと宣伝され、特定成分が含まれない食品を総称してフリーフロム食品と呼ぶ。

英国では医学的理由から一部の食品成分の摂取を控える必要がある人は全体の5%に過ぎない。しかし今回の調査によると、英国の全世帯の54%が過去3カ月の間に何らかのフリーフロム食品を購入。1年前に比べ購入者は330万人増えている。

フリーフロム食品の売上高はこの期間、36%増加。特に若年層に人気があり、45歳未満を含む世帯は購入率が他の世帯を20%上回った。


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

ロイズ銀、通期は26%減益=CEO減俸(02/21)

グーグル、英ユーザー個人情報を米管轄下に(02/21)

スコットランド、歴史的建造物で炭素削減へ(02/21)

小売売上高、1月は0.9%増加(02/21)

ロンドン市長候補、東京五輪代替開催に言及(02/21)

コースト、英で自動運転車活用の街づくり(02/21)

英で新20ポンド札が流通開始(02/21)

英、ポイント制ビザ案を公表 低技能労働者の不足懸念も(02/20)

オランダの事業設立企業、昨年は過去最高(02/20)

テックに強いスコットランド セミナーで産学連携など紹介(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン