3月のロンドン、観測史上最も暖かく

3月のロンドンは観測史上、最も暖かかった――。気象庁が公表したデータによると、ロンドンを含むイングランド南東部の平均気温は9.2度と、同月としては1957年と並び、統計を開始した1910年以降で最高に達した。

3月の全国平均気温は7.3度と例年を1.8度上回り、観測史上5番目に高い水準を記録。日照時間も通常より21%長かった。一方、月間降雨量はウェールズで164.7ミリメートルと、通常の水準を41%上回ったのを除き、全国的には例年並みだった。ただ昨年10月からの半年間で見ると、降雨量は1995/96年以降で最少となっている。

気象予報士によると、温暖な天候は4月にかけて欧州全体で続く見通し。通常よりも早く夏が訪れれば、水不足が生じたり、電力価格がさらに下落する可能性もある。


関連国・地域: 英国欧州
関連業種: 経済一般・統計天然資源電力・ガス・水道社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

ABインベブ、南アで1リットル瓶投入(05/24)

欧州の旅行先ランキング、伊北東部が首位に(05/24)

PGE、同業ポレネルギアへのTOB実施へ(05/24)

小売りM&S、通期は62.1%減益(05/24)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

石油BP、上流事業で年内に540人整理へ(05/24)

ウェールズの鉄道運営権、仏西連合が落札(05/24)

ウーバー、欧州ドライバーに手当支給へ(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン