• 印刷する

オンライン販売の普及率、ポーランドが欧州首位

欧州でオンライン販売が最も普及しているのはポーランド——。こうした事実が、米クレジットカード大手マスターカードがまとめた調査で明らかになった。ワルシャワ・ビジネス・ジャーナルなどが伝えた。

それによると、ポーランドで毎日、電子商取引(eコマース)サイトで買い物する人の割合は9%と、リトアニアと並んで欧州最高を記録。欧州平均は6%だった。ただ、ポーランドではオンライン販売利用者の約40%が必要な商品は地場のeコマースサイトで入手できると回答。年に1回以上、国外のサイトで商品を購入するとした利用者の割合は20%にとどまり、ルーマニアと並んで欧州最低水準となっている。

また、ブルガリア、チェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、リトアニア、オランダ、ポーランド、ルーマニア、スロバキアで、インターネット利用者の40%以上が国外のeコマースサイトを利用したことがないことが分かった。

なお、非接触型決済の普及率を見ると、ポーランドで発行されたカードの約9割が非接触機能を搭載しており、チェコと共に欧州トップとなっている。ドイツでは、こうした機能を搭載したカードの割合は全体の17%にとどまっている。


関連国・地域: ドイツフランスオランダポーランドチェコスロバキアハンガリールーマニアブルガリアリトアニア米国
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アビバ、ポーランド事業の買収提案期限延長(02/26)

チェコ、国境の炭鉱巡りポーランドを提訴(02/24)

建設ブディメックス、不動産事業を売却へ(02/24)

ノースボルト、ポーランドに蓄電工場新設(02/22)

フォルシア、音響事業を独アドラーに売却(02/22)

韓国KHNP、ポーランド原発の建設申し出(02/19)

ポーランド政府、広告税法案を見直しへ(02/18)

ポーランド、規制緩和でスキー客殺到(02/16)

靴のジノロッシ、実店舗を全店閉鎖へ(02/16)

ポーランド民間メディア、広告税導入に抗議(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン