• 印刷する

オンライン販売の普及率、ポーランドが欧州首位

欧州でオンライン販売が最も普及しているのはポーランド——。こうした事実が、米クレジットカード大手マスターカードがまとめた調査で明らかになった。ワルシャワ・ビジネス・ジャーナルなどが伝えた。

それによると、ポーランドで毎日、電子商取引(eコマース)サイトで買い物する人の割合は9%と、リトアニアと並んで欧州最高を記録。欧州平均は6%だった。ただ、ポーランドではオンライン販売利用者の約40%が必要な商品は地場のeコマースサイトで入手できると回答。年に1回以上、国外のサイトで商品を購入するとした利用者の割合は20%にとどまり、ルーマニアと並んで欧州最低水準となっている。

また、ブルガリア、チェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、リトアニア、オランダ、ポーランド、ルーマニア、スロバキアで、インターネット利用者の40%以上が国外のeコマースサイトを利用したことがないことが分かった。

なお、非接触型決済の普及率を見ると、ポーランドで発行されたカードの約9割が非接触機能を搭載しており、チェコと共に欧州トップとなっている。ドイツでは、こうした機能を搭載したカードの割合は全体の17%にとどまっている。


関連国・地域: ドイツフランスオランダポーランドチェコスロバキアハンガリールーマニアブルガリアリトアニア米国
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ノルドストリーム2に黄信号 欧州委員長候補、敷設阻止の意向(04/24)

ハンガリー競争当局、乾電池メーカーに罰金(04/23)

米シスコ、クラクフ支店への投資拡大へ(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

ポーランド、民間年金資産を個人口座に移管(04/17)

ブリンキー、ブダペストで設置台数が3倍に(04/17)

閣僚理事会、著作権指令の改正案を採択(04/17)

米ビザ、露小売店で現金引き出しの試験展開(04/17)

EU、新ガス導管に2億ユーロの助成金拠出(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン