オンライン販売の普及率、ポーランドが欧州首位

欧州でオンライン販売が最も普及しているのはポーランド——。こうした事実が、米クレジットカード大手マスターカードがまとめた調査で明らかになった。ワルシャワ・ビジネス・ジャーナルなどが伝えた。

それによると、ポーランドで毎日、電子商取引(eコマース)サイトで買い物する人の割合は9%と、リトアニアと並んで欧州最高を記録。欧州平均は6%だった。ただ、ポーランドではオンライン販売利用者の約40%が必要な商品は地場のeコマースサイトで入手できると回答。年に1回以上、国外のサイトで商品を購入するとした利用者の割合は20%にとどまり、ルーマニアと並んで欧州最低水準となっている。

また、ブルガリア、チェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、リトアニア、オランダ、ポーランド、ルーマニア、スロバキアで、インターネット利用者の40%以上が国外のeコマースサイトを利用したことがないことが分かった。

なお、非接触型決済の普及率を見ると、ポーランドで発行されたカードの約9割が非接触機能を搭載しており、チェコと共に欧州トップとなっている。ドイツでは、こうした機能を搭載したカードの割合は全体の17%にとどまっている。


関連国・地域: ドイツフランスオランダポーランドチェコスロバキアハンガリールーマニアブルガリアリトアニア米国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

【ウイークリー統計】第16回 物価水準と家計支出(07/19)

ポーランド平均賃金、6月は7.5%上昇(07/18)

アークレイ、露工場で尿検査装置の生産開始(07/18)

ポーランド政府、最高裁長官の任命を迅速化(07/16)

日立キャピタル、自動車リース2社を統合(07/16)

ポーランドの失業率、6月は5.9%に改善(07/13)

データ技術デュコ、国内外3カ所に拠点開設(07/13)

ベルリンとウィーン結ぶ夜行列車が復活へ(07/12)

西バルカンサミットが開催 経済や安全保障の協力強化で合意(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン