• 印刷する

物価の高い都市、欧州首位はまたもチューリヒ

欧州で最も物価が高い都市はスイスのチューリヒ――。世界全体では昨年から順位を1つ落とし、3位に付けた。英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた調査で明らかになった。

EIUは世界の133都市を対象に、食品や飲料のほか衣料品、家賃、交通費など計400種類以上の財やサービスの価格を比較。ニューヨークを100点として各都市の物価指数を算出する。同指数は海外赴任や海外出張の手当などの参考として使われる。

欧州ではチューリヒに続き、ジュネーブとパリが共に7位に付けた。コペンハーゲン(9位)もトップ10に食い込んだ。昨年6位だったロンドンは、ブレグジット決定後のポンド安を背景に順位を大きく下げ、24位にとどまった。

世界全体では、シンガポールが4年連続でトップを堅持。最下位はカザフスタンのアルマトイだった。東京は4位、大阪は5位と、それぞれ7つ、9つ順位を上げている。


関連国・地域: 英国フランスEUデンマークスイスカザフスタンアジア米国欧州
関連業種: 食品・飲料繊維金融建設・不動産運輸サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第6回 リーマン・ショック10年 ユーロ圏は強くなったか?(09/21)

欧州委、競争問題でアマゾンの予備調査開始(09/21)

欧州委、米エアビーの利用条件是正を評価(09/21)

欧州司法評議会、ポーランドの加盟資格停止(09/20)

ヴァレオとワブコ、センサー技術開発で覚書(09/20)

シュコダ、EVと自動運転に20億ユーロ投資(09/20)

欧州新車登録、31.2%増加 WLTP適用前モデルの値引きで(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン