独自動車オペル、仏当局が排ガス不正の調査終了

仏政府は20日、競争・消費・不正抑止総局(DGCCRF)が米ゼネラルモーターズ(GM)傘下の独オペルに対する排ガス不正の調査を打ち切ったと発表した。これまでの調査の結果、不正の証拠が一切見つからなかった…

関連国・地域: ドイツフランスイタリア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

ノキア、5G向けPaaS開発に着手(08/18)

ユニット、露企業とイランで石油・ガス開発へ(08/18)

<連載コラム・環境フォーカス>第16回 「2速度の欧州」がEU環境規則に及ぼす影響(08/18)

バルセロナでテロ=歩道に車突っ込む 目抜き通りで惨事、死傷者多数(08/18)

失業率、第2四半期は9.2%に改善(08/18)

仏政府、アレバへの出資比率を98%に引き上げ(08/18)

ユーロ圏貿易収支、6月は黒字縮小(08/18)

マクロン仏大統領の支持率、37%に急落(08/18)

仏のコニャック出荷量、10.2%増加=3年連続(08/18)

英で最も信頼される自動車、首位は起亜とボルボ(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン