仏大統領選、マクロン候補が支持率で首位

大統領選を約1カ月後に控えたフランスで、マクロン前経済・産業・デジタル相(39)が優勢を保っている。4月23日に実施される第1回投票の予想得票率は26.5%とルペン国民戦線党首(48)を0.5ポイント上回り、決選投票では大差で勝利する見通しだ。19日に公表された仏世論調査会社オドクサ(Odoxa)と電通コンサルティングの共同調査で、こうした結果が出た。

17日の締め切りまでに、両氏を含む計11人が立候補した。第1回投票の予想得票率で3番手に付けたのは、スキャンダルに揺れる中道右派候補のフィヨン元首相で19%。これに中道左派候補のアモン前国民教育相(12.5%)、左翼党のメランション共同党首(10.5%)が続く。第1回投票の上位2名による決選投票では、マクロン氏の得票率が64%に達し、ルペン氏(36%)を大きく引き離すとみられている。


関連国・地域: フランス
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

フランスでバター不足=中国などでの人気で(10/23)

三菱自、蘭社と電力系統安定化を実験へ(10/23)

重電ABB、英新規原発の送電インフラ受注(10/23)

憲法裁、政府に100億ユーロの配当税還付を命令(10/20)

自動車セアト、イラン進出を断念(10/20)

小売りカルフール、第3四半期は0.4%増収(10/20)

ユーロトンネル、第3四半期は3%増収(10/20)

LVMH、「ヘネシー」のボトリング工場新設(10/20)

食品ダノン、リブー会長が退任へ(10/20)

仏豪政府、南極での海洋保護区創設を提案へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン