• 印刷する

スペインの難民申請件数、昨年は過去最多に

スペイン難民援助委員会(CEAR)は13日、2016年の難民申請件数が1万5,755件となり、過去最高を記録したと発表した。うち約4割が女性だった。

申請者のうち、難民認定を受けたのは6,855人と、全体の43.5%にとどまった。その約9割をシリア人が占めている。ただ、難民としての地位が完全に認められたのはわずか355人で、残り約6,500人は「補完的保護」の対象者とされた。

一方、申請を却下されたのは3,395人と、全体の21.5%を占めた。残り5,505人は認定待機者となっている。スペインにおける2016年末時点の認定待機者は、累計で2万370人に達した。

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットによると、2016年のEU全体の難民申請件数はおよそ126万件。スペインはこのうちわずか1.3%を占めるにすぎない格好だ。一方、最も多くの難民申請が行われたのはドイツで、全体の約6割に相当する74万5,265件を受理した。ただ、2016年のドイツへの難民流入数は約28万人と、前年の89万人から3分の1に減少している。


関連国・地域: ドイツEUスペイン中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EDP、イベリア半島の火力発電所を閉鎖へ(07/15)

スペイン北部2州で州議会選(07/14)

カタルーニャ州、リェイダで外出禁止令(07/14)

マヨルカ島など、13日からマスク着用義務化(07/13)

アウダックス、ハンガリーで電力小売り参入(07/13)

カタルーニャ州、マスク着用を義務化(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

BBVA、初のグリーンCoCo債発行(07/10)

スペイン、住宅関連の負担軽減策を延長へ(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン