パリ市、美化計画に150万ユーロ投入

パリ市は、ネズミ駆除など市内の美化に150万ユーロを追加で投じる方針だ。アンヌ・イダルゴ市長の話を元に、AFP通信などが12日伝えた。

イダルゴ市長は、仏日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュとのインタビューで、清潔な都市づくりに向けた「10ポイント計画」を発表。年内に道路清掃作業員の数を7,000人程度に増やすほか、現在は主に朝方に行われている西洋作業を夜間にも実施する。新たなネズミ捕り器も購入する予定だ。また、市内で回収されるたばこの吸い殻が年間150トンに上るため、企業や飲食店に、建物の外に灰皿を設置するよう要請するという。

同市長は、「われわれは既に、清掃やごみ処理に年間5億ユーロを投入しており、状況は改善している」とする一方、「まだ完全にきれいではないことは明らか」だと指摘した。[環境ニュース]


関連国・地域: フランス
関連業種: 製造一般金融・保険社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

カルフール、ディアから取得の店舗売却も(05/23)

携帯電話ウィコ、タイで新製品2モデル発売(05/23)

PGNiG、イランでのガス開発一時中止も(05/22)

ヴェオリア、チェコで熱電供給施設を建設へ(05/22)

メルセデス、仏工場でEV生産へ(05/22)

仏電力公社、英の風力発電資産を一部売却へ(05/22)

鶏肉加工LDC、同業ドゥーの工場を取得(05/22)

小売りカルフール、上海で新店舗を開設(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン