フィヨン仏元首相、訴追へ=大統領選には出馬

フランス大統領選の中道右派候補であるフィヨン元首相(62)は1日、記者会見を開き、妻への不正給与支払い疑惑をめぐり15日にも訴追される見通しとなったことを明らかにした。ただ、大統領選にはあくまで出馬する意向を示している。

フィヨン候補は、妻や子供を秘書として雇用していると偽り、仏議会の予算から給与を支払っていた疑いで捜査を受けている。同氏はこの日、予定していたイベントへの出席を直前にキャンセルし、急きょ記者会見を開催。「予審判事から15日に召喚を受けた」と明かした上であらためて疑惑を否定し、「立候補は撤回しない」と明言した。

15日は大統領選の正式な立候補手続きが締め切られる2日前に当たることから、訴追には同氏の立候補を阻止する狙いがあると主張。「これは政治的暗殺だ」と訴え、支持者に抵抗を呼び掛けている。

大統領選の第1回投票は4月23日に行われる。フィヨン候補は当初、最有力候補と目されていたが、1月下旬に疑惑が発覚した後に支持率が急落。仏世論調査会社オドクサ(Odoxa)による最新の世論調査では支持率が19%と、首位のルペン国民戦線党首(27%)と2位のマクロン前経済・産業・デジタル相(25%)に水をあけられている。


関連国・地域: フランス
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン