• 印刷する

伊民主党の左派造反議員が新党結成

イタリアの与党・民主党から25日、左派の造反議員らが分離し、新政党「進歩民主運動」を立ち上げた。レンツィ前首相と袂を分かち、同氏の返り咲きを阻止したい考えとみられる。AFP通信が伝えた。

進歩民主運動には、左翼党の一部議員も参加。マニフェストでは、レンツィ前首相の就任以降に実施された右寄り路線から脱し、「中道右派の再生となるオープンな運動を構築する」と宣言。「党首の野心の下で窒息することのない中道右派政党の連合を再構築することを目指す」としている。

新党を率いるのは、民主党の代議院(下院)院内総務を務めたこともあるロベルト・スペランツァ議員とトスカーナ州のエンリコ・ロッシ知事。民主党のピエルルイジ・ベルサーニ元党首やマッシモ・ダレマ元首相も支持者に名を連ねる。

レンツィ前首相は、上院の権限縮小をめぐる改憲案が先の国民投票で否決されたことを受け、昨年12月に辞任。後任には盟友のジェンティローニ氏が就任したが、レンツィ氏は返り咲きを狙い次回総選挙を6月に繰り上げたい意向とされる。同氏は先に書記長(党首)も辞任し、党内の反対勢力の抑え込みに向け党首選での再選を目指している。

進歩民主運動はジェンティローニ首相を支持する一方、レンツィ氏の返り咲きを阻止し、予定通り2018年2月に総選挙が実施されるよう働きかける方針とみられている。


関連国・地域: イタリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

エネル、デジタルグリッドの新会社設立(09/24)

イタリアにフェイクニュースの監視拠点新設(09/23)

二輪車ピアジオ、印で新興物流企業と提携(09/23)

SOMPO、農業保険ARA1857を買収(09/22)

OECD、ユーロ圏経済見通しを引き上げ(09/22)

労働者のワクチン接種義務化で予約急増=伊(09/21)

伊政府、労働者のグリーンパス取得を義務化(09/20)

ネクスト、英で「ギャップ」ブランド運営へ(09/20)

若年ニート率、イタリアが26%で欧州首位(09/20)

独ティッセン、伊ステンレス鋼事業を売却(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン