• 印刷する

ドイツの難民襲撃件数、昨年は3500件超に

ドイツで昨年、難民や難民収容施設に対する襲撃件数が3,533件に達した。1日当たり平均10件近くの襲撃が行われている計算だ。内務省が議会での質疑への答弁で明らかにした。独通信社フンケ・メディエングルッペなどが26日伝えた。

それによると、これらの襲撃で560人が負傷。うち、43人が子どもだった。なお、襲撃のうち約4分の3は施設外で行われた。施設に対する襲撃件数は988件と2015年からやや減少。難民個人に対する襲撃は2,545件、難民の支援団体やボランティアに対する襲撃は217件に上った。

野党・左翼党は、政府は難民によるテロなどの脅威への対策に注力しているが、「極右勢力による暴力が国内の安全問題の中心」と指摘。極右は難民だけでなく民主主義をも脅かすと警鐘を鳴らしている。

ドイツ西部のコブレンツ(Koblenz)では1月、欧州連合(EU)への懐疑や反難民を訴える欧州各国の極右勢力が集結した。極右政党の支持者ら800人近くが集まる一方で、こうした右傾化の動きに抗議するデモ行進が行われ、警察発表によるとおよそ5,000人がこれに参加した。

2016年のドイツへの難民流入数は28万人となり、2015年の89万人から3分の1に減少した。一方、難民による正式な申請手続きは1年前から56.4%増加。申請者の出身国で最も多かったのはシリアで、これにアフガニスタン、イラクが続いている。


関連国・地域: ドイツ中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独経済省、中国への貿易依存脱却を提案(12/05)

独、露産石油からの脱却でポーランドと協力(12/05)

VW、北米初の電池工場はカナダが最有力(12/05)

ウニクレディト、伊社員に一時金=物価対策(12/05)

機械受注高、10月は12%減少(12/05)

貿易収支、10月は黒字拡大(12/05)

独政府、ガーナの開発支援に8200万ユーロ(12/05)

独、移民規制の緩和で基本合意(12/02)

ボッシュの自動駐車ソフト、独で承認(12/02)

横浜ゴム、独で情報セキュリティー認証取得(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン