• 印刷する

ロンドン警視庁に初の女性警視総監

ロンドン警視庁に、188年の歴史で初めて女性トップが誕生した。クレシダ・ディック警視総監(56)は、英国最大の警察組織の長として4万3,000人のスタッフを率いる。内務省が22日発表した。

今回の人事は、バーナード・ホーガンハウ前警視総監の退任に伴うもの。1983年にロンドン警視庁に入庁したディック氏は、テロ対策の責任者としても活躍し、2014年12月に外務省に移るまで31年間務めた。

ディック氏は任命を受け、「責任は重大だが素晴らしい機会。ロンドン市民を守り仕え、ロンドン警視庁の素敵な同僚と再び働けるのを非常に楽しみにしている」と意気込みを語った。

ただ人選をめぐっては、2005年7月のロンドン同時多発テロの容疑者として射殺されたブラジル人男性が実は無関係であったことから、このオペレーションの責任者だったディック氏の任命に、男性の遺族らを中心に強い反対の声もあった。

ロンドンのテロ警戒レベルは現在、5段階で上から2番目の「シビア(深刻)」に設定されている。ディック新警視総監はテロ対策に加え、ロンドン警視庁の予算削減、武装警察の増員などの課題に追われそうだ。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン