• 印刷する

独バイエルン州、公共の場でブルカ着用禁止へ

ドイツ南部のバイエルン州政府は21日、イスラム教徒の女性が着用する「ブルカ」や「ニカブ」など顔全体を覆うベールについて、公共の場での着用を禁止する法案を公表した。

同法案は、公共サービスの場や学校・幼稚園、治安に関わる分野、投票所で顔を覆うことを禁止する内容。同州のヘルマン内相は、イスラム女性が顔を覆うことは「当地のコミュニケーション文化に反する」と指摘。顔の表情やジェスチャーを含めたコミュニケーションは社会と自由で民主主義的な秩序の土台と説明した。

同相は、同法案が夏季休暇までに州議会で承認されると見込んでいる。バイエルン州議会ではキリスト教社会同盟(CSU)が単独過半数を占める。同党はメルケル首相が率いるキリスト教民主同盟(CDU)の姉妹政党。

ブルカなどの着用をめぐっては、メルケル首相も昨年12月に「規制が可能な限り禁止すべき」との姿勢を打ち出している。9月に総選挙を控えるドイツでは、ユーロ圏解体と反難民を訴える「ドイツのための選択肢(AfD)」が支持率を伸ばしており、ブルカ着用禁止の動きにはこれをけん制する狙いもある。

なお、欧州ではフランスやベルギーが既に公共の場でのブルカ着用を禁じているほか、昨年12月にはオランダで同様の法案が可決。オーストリア政府も現在、こうした法案を検討している。


関連国・地域: ドイツフランスベルギーオーストリアオランダ
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ死者数が10万人超え ドイツ、新政権は規制強化の流れ(11/26)

GDP成長率、第3四半期は1.7%=改定値(11/26)

独経済研究所「原発全廃後も電力不足ない」(11/26)

仏当局、VWのヨーロッパカー買収案を承認(11/26)

フランクフルト証取、取引を2時間延長(11/26)

DB、水増し発注疑惑巡る内部告発が発覚(11/26)

ダイムラー、独西部のミニバス工場を売却(11/26)

GfK消費者信頼感、12月は悪化(11/26)

BMW、中国でミニブランドを2車種生産へ(11/26)

独3党、連立政権樹立で合意 首相にショルツ氏=気候変動に軸(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン