• 印刷する

独バイエルン州、公共の場でブルカ着用禁止へ

ドイツ南部のバイエルン州政府は21日、イスラム教徒の女性が着用する「ブルカ」や「ニカブ」など顔全体を覆うベールについて、公共の場での着用を禁止する法案を公表した。

同法案は、公共サービスの場や学校・幼稚園、治安に関わる分野、投票所で顔を覆うことを禁止する内容。同州のヘルマン内相は、イスラム女性が顔を覆うことは「当地のコミュニケーション文化に反する」と指摘。顔の表情やジェスチャーを含めたコミュニケーションは社会と自由で民主主義的な秩序の土台と説明した。

同相は、同法案が夏季休暇までに州議会で承認されると見込んでいる。バイエルン州議会ではキリスト教社会同盟(CSU)が単独過半数を占める。同党はメルケル首相が率いるキリスト教民主同盟(CDU)の姉妹政党。

ブルカなどの着用をめぐっては、メルケル首相も昨年12月に「規制が可能な限り禁止すべき」との姿勢を打ち出している。9月に総選挙を控えるドイツでは、ユーロ圏解体と反難民を訴える「ドイツのための選択肢(AfD)」が支持率を伸ばしており、ブルカ着用禁止の動きにはこれをけん制する狙いもある。

なお、欧州ではフランスやベルギーが既に公共の場でのブルカ着用を禁じているほか、昨年12月にはオランダで同様の法案が可決。オーストリア政府も現在、こうした法案を検討している。


関連国・地域: ドイツフランスベルギーオーストリアオランダ
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

製糖ノルトツッカー、豪マッカイと買収協議(11/16)

化学ヘンケル、第3四半期は8.9%増益(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

シクスト、第3四半期は27.3%増益(11/16)

ダイムラー、北京に第2のR&D拠点を新設(11/16)

メルセデス、中国産の「EQC」を来年発売(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン