• 印刷する

ドイツ、鳥インフル対策で累計77.6万羽を殺処分

ドイツでは鳥インフルエンザ対策として昨年11月以降、ニワトリや七面鳥、アヒルなど計77万6,000羽の家禽(かきん)類が殺処分された。当局の報告を元に、ロイター通信が13日伝えた。

これまでに殺処分となった家禽のうち62万2,000羽はウィルスが検出された農場で飼育されていたもので、残りの15万4,000羽はその付近の農場で感染拡大を防ぐために処分されたもの。

ドイツでは昨年11月に最初の感染が確認されて以降、803羽の野鳥の感染が見つかった。ウイルスは野鳥が媒介しているとみられている。当局は、被害拡大を防ぐために感染の危険性が高い地域では屋内での飼育を義務付けているが、1月下旬から2月上旬にかけてリスクの度合いが見直され、一部では屋外飼育も解禁されている。なおドイツでは1月、同じく高病原性のH5N5型のウィルスが検出された。

鳥インフルエンザをめぐっては昨秋以降、欧州各地でウイルスの検出が相次いでおり、ドイツのほか英国、フランス、イタリア、オランダ、スイス、オーストリア、ポーランド、ハンガリー、チェコ、セルビアなどでも感染が報告されている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国ドイツフランスイタリアオーストリアスイスオランダポーランドチェコハンガリーセルビア欧州
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

海運APモラー・マースク、通期は38%減益(02/22)

ポーランド電力各社、EV工場を共同開設へ(02/22)

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益(02/22)

独政府、食品廃棄量の減少に向けた行動計画(02/22)

スカニアとノビナ、来年に自動運転バス運行(02/22)

VW、米の輸入関税でコスト数十億ユーロ増(02/22)

2月は過去3カ月で最高 ユーロ圏総合PMI速報値(02/22)

ダイムラー、検察が排ガス不正で捜査開始(02/22)

カーシェア利用者が17%増加=乗り捨て人気(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン