• 印刷する

ドイツ、鳥インフル対策で累計77.6万羽を殺処分

ドイツでは鳥インフルエンザ対策として昨年11月以降、ニワトリや七面鳥、アヒルなど計77万6,000羽の家禽(かきん)類が殺処分された。当局の報告を元に、ロイター通信が13日伝えた。

これまでに殺処分となった家禽のうち62万2,000羽はウィルスが検出された農場で飼育されていたもので、残りの15万4,000羽はその付近の農場で感染拡大を防ぐために処分されたもの。

ドイツでは昨年11月に最初の感染が確認されて以降、803羽の野鳥の感染が見つかった。ウイルスは野鳥が媒介しているとみられている。当局は、被害拡大を防ぐために感染の危険性が高い地域では屋内での飼育を義務付けているが、1月下旬から2月上旬にかけてリスクの度合いが見直され、一部では屋外飼育も解禁されている。なおドイツでは1月、同じく高病原性のH5N5型のウィルスが検出された。

鳥インフルエンザをめぐっては昨秋以降、欧州各地でウイルスの検出が相次いでおり、ドイツのほか英国、フランス、イタリア、オランダ、スイス、オーストリア、ポーランド、ハンガリー、チェコ、セルビアなどでも感染が報告されている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国ドイツフランスイタリアオーストリアスイスオランダポーランドチェコハンガリーセルビア欧州
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

封鎖措置を2月半ばまで延長 ドイツ、マスク着用義務など強化(01/21)

生産者物価、12月は0.2%上昇(01/21)

独政府、州政府と規制再延長などで合意か(01/20)

独マーレなど3社、ハンガリー拠点に投資(01/20)

ドイツで新たな変異種を確認=感染力不明(01/20)

コンチネンタル、独中部工場で450人整理(01/20)

ティッセン、鉄鋼事業のスピンオフ検討か(01/20)

GDPR違反の罰金総額、過去1年は4割増(01/20)

ビルケンシュトック、投資CVCに身売りか(01/20)

独景気期待指数、1月は改善(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン