• 印刷する

ドイツ、鳥インフル対策で累計77.6万羽を殺処分

ドイツでは鳥インフルエンザ対策として昨年11月以降、ニワトリや七面鳥、アヒルなど計77万6,000羽の家禽(かきん)類が殺処分された。当局の報告を元に、ロイター通信が13日伝えた。

これまでに殺処分となった家禽のうち62万2,000羽はウィルスが検出された農場で飼育されていたもので、残りの15万4,000羽はその付近の農場で感染拡大を防ぐために処分されたもの。

ドイツでは昨年11月に最初の感染が確認されて以降、803羽の野鳥の感染が見つかった。ウイルスは野鳥が媒介しているとみられている。当局は、被害拡大を防ぐために感染の危険性が高い地域では屋内での飼育を義務付けているが、1月下旬から2月上旬にかけてリスクの度合いが見直され、一部では屋外飼育も解禁されている。なおドイツでは1月、同じく高病原性のH5N5型のウィルスが検出された。

鳥インフルエンザをめぐっては昨秋以降、欧州各地でウイルスの検出が相次いでおり、ドイツのほか英国、フランス、イタリア、オランダ、スイス、オーストリア、ポーランド、ハンガリー、チェコ、セルビアなどでも感染が報告されている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国ドイツフランスイタリアオーストリアスイスオランダポーランドチェコハンガリーセルビア欧州
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

ING、独コメルツ銀との提携視野に接近か(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

ダイムラー、電池素材の米新興企業に出資(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

金融当局、ワイヤーカード株取引で刑事告訴(04/18)

ドイツ機械受注高、2月は10%減少(04/18)

ユニリーバの会長、米バイオ企業の取締役に(04/18)

ボッシュ、独南西部に音響試験センター開設(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン