イタリア、大気汚染めぐり欧州委が罰金も

イタリア北部の大気汚染やスモッグをめぐり、欧州委員会が罰金を科す可能性がある。同委が6日公表した、環境政策に関する報告書を元に、ザ・ローカルなどが伝えた。

この報告書は、欧州連合(EU)の環境法令への準拠状況を加盟国別に評価し、問題が深刻化する前にその解決策を提示することを目的としている。イタリアについては、廃棄物処理と水道インフラ、大気汚染に関して早急な改善策を講じる必要があると警告。南部では廃水処理を持続的な問題として挙げたほか、北部ではロンバルディア州クレモナ(Cremona)を筆頭に、EUの大気汚染規制に違反していると指摘。後者については先に、最大10億ユーロの罰金を科す可能性を示唆している。

南部については廃棄物の埋め立てでも問題視。改善策として、埋め立てへの課税を勧めている。[環境ニュース][EU規制]


関連国・地域: EUイタリア
関連業種: 商業・サービス社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

伊メディアセット、EIタワーズにTOB(07/19)

コーヒーのイリー、JABやネスレが関心(07/19)

日立、ミラノ地下鉄向け車両72両を追加受注(07/18)

モンテ・パスキ、不良債権証券化で国家保証(07/18)

欧州新車登録、5.2%増加 6月として過去最高を記録(07/18)

伊政府、500億ユーロの追加投資計画を提案(07/17)

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン