• 印刷する

伊ピアジオ、自走式荷物運搬ロボットを発表

伊二輪大手ピアジオ傘下で、革新的な交通手段を研究する米ピアジオ・ファスト・フォワード(PFF)は、歩行時などに荷物の運搬を補助する円柱型の二輪ロボット「ジータ(Gita)」を発表した。高さ66センチの自走式ロボットは、最大18キログラムの運搬が可能だ。

「ジータ」は、イタリア語で小旅行の意。使用者は正面にカメラの付いた白いベルトを装着し、「ジータ」側のカメラがベルトを追跡。「ジータ」はその際、周辺環境の立体マップを作成して障害物を回避する。ロボットは使用者の後ろを伴走し、操作する必要はない。最高時速は約35キロメートルと自転車のスピードにも対応し、最長8時間の連続走行が可能だ。

ピアジオは半年以内に「ジータ」のテスト運用を開始する予定。また最大100キロの荷物を運べる三輪バージョン「キロ(Kilo)」も併せて発表している。

二輪ロボット「ジータ」は使用者の後ろを伴走する(PFF提供)

二輪ロボット「ジータ」は使用者の後ろを伴走する(PFF提供)


関連国・地域: イタリア米国
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

エシロールルクソティカ、経営権巡り内紛(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

イタリア、対中輸出を70億ユーロ拡大も(03/22)

トルコ自動車生産、2月は15.5%減少(03/22)

二輪ベネリ、印で8~9モデル発売へ(03/22)

幸福度調査、フィンランドが2年連続首位(03/22)

ミラノ近郊で運転手がスクールバスに放火(03/22)

ボッシュの包装技術事業、独伊2社が入札へ(03/22)

マクラーレン、豪販売増に向け新モデル投入(03/22)

伊中銀のロッシ副総裁が辞意、政府が圧力か(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン