• 印刷する

ユダヤ人への憎悪犯罪、英で過去最多に

英国で2016年に発生した反ユダヤ主義によるヘイトクライム(憎悪犯罪)は1,309件となり、過去最多だった2014年の1,182件を上回った。2015年からは36%増加している。英国のユダヤ人保護団体コミュニティ・セキュリティー・トラスト(CST)が明らかにした。

報告されたヘイトクライムの4分の3以上は、大規模なユダヤ人コミュニティーがあるグレーターロンドンとグレーターマンチェスターに集中している。大半は、暴言、メールやソーシャルメディア上での中傷、反ユダヤ的な落書き、ユダヤ関連物件を標的とした器物損壊、暴力行為などである。

CSTによると、欧州連合(EU)離脱の是非をめぐる国民投票を控えていた昨年5月以降、毎月100件以上のヘイトクライムが報告されており、同団体は反ユダヤ主義を含む人種差別や外国人嫌悪が表面化しているとみている。

こうした事態を受け、アンバー・ラッド内相は昨年7月、ヘイトクライムに対する行動計画を策定。偏見の実態把握に加え、インターネット、公共交通機関などでのヘイトクライム対策に乗り出した。さらに、ユダヤ人が居住する地域の治安強化に1,340万ポンドを投じる方針だ。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 建設・不動産運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン