世界最強ブランドはレゴ=ディズニー抜く

デンマークの玩具大手レゴ・グループが、ブランド力で世界最強の座を2年ぶりに奪取した。昨年トップだった米ウォルト・ディズニーは6位に転落している。英ブランドコンサルティング会社ブランドファイナンスが1日発表した最新ランキングで明らかになった。

ランキングは知名度や従業員の満足度、企業の評判などを元に作成。レゴは幅広い指標で高得点を上げた。映画『LEGOムービー』新作が公開されることや、映画『スター・ウォーズ』や『ハリーポッター』とのコラボレーション商品が人気を博し、押し上げた。

2位には昨年10位だった米インターネット検索エンジン大手グーグルが付けた。これに米スポーツ用品大手ナイキが続き、前年の6位からこちらも順位を上げた。イタリアの超高級スポーツカーメーカー、フェラーリは4位と2年ぶりにトップテン入りを果たした。

このほか、米クレジットカード大手のビザ(VISA)、英大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)などが入っており、トップテンのうち7ブランドが米国勢だった。


関連国・地域: 英国EUイタリアデンマーク米国
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信製造一般金融・保険観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・欧州M&A最前線>2018年4月 NIGEL’S INSIGHT(05/18)

露格付けACRA、スロバキアのERA買収(05/18)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

EEUとイラン、暫定的FTAを締結(05/18)

EU、米鉄鋼関税除外なら自動車市場開放も(05/18)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.3%減少(05/18)

ロイヤル・メール、通期は1%増益(05/18)

建設業の成長率、今年は6%を予想(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン