独政府、テロ監視対象者に電子タグ義務付け

ドイツ政府は1日、テロ警戒の監視対象者全員に電子タグを装着させる方針を固めた。犯罪歴がなくとも免除しない考え。昨年12月にベルリンで起きたテロ事件を受け、過激派への締め付けを強化する。ドイツ通信などが伝えた。

電子タグの装着義務は、デメジエール内相とマース法務・消費者保護相が合意した数々のテロ対策案の1つ。導入の背景には、ベルリンのクリスマス市に大型トラックで突っ込んだチュニジア人容疑者が当局に危険人物と認識されながら、事件を未然に防げなかったことがある。

監視対象者の足首に取り付ける電子タグは衛星利用測位システム(GPS)送信機を内蔵し、接近を禁じられた場所に近づいた場合に信号を送る仕組み。デメジエール内相は、問題解決の「特効薬」にはならないとしながらも、監視の重要な手段となると説明している。

ドイツでは現在、性犯罪や暴行の前科がある出所者88人が電子タグを着けているが、これまで「テロリスト予備軍」に装着させた例はない。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン