仏大統領選、マクロン氏優勢に=フィヨン氏失速

4月23日に実施されるフランス大統領選の第1回投票で、マクロン前経済・産業・デジタル相が勝ち残る――。仏経済紙レゼコーとラジオ・クラシークが世論調査会社ELABEに委託して実施した最新調査で、こうした結果が出た。マクロン氏は決選投票でも極右政党・国民戦線のルペン党首を押さえて当選するとみられている。背景には、有力視されていた中道右派候補のフィヨン元首相の人気が、妻への不正給与支払い疑惑をめぐり急失速していることがある。

調査は1月30~31日に993人を対象に実施。フィヨン氏をめぐってはこの数日前、仏議会の予算から妻に83万1,440ユーロの給与が不正に支払われていたと報じられていた。

調査によると、第1回投票ではルペン候補の得票率が26~27%、マクロン候補が22~23%となり、首位と2位を占めて決選投票に進む見通し。得票率は前回1月の調査からそれぞれ3ポイント、1ポイント上昇している。これに対し、フィヨン候補の得票率は5~6%落ち込み、19~20%にとどまる見込み。調査直前の1月29日に中道左派陣営の大統領候補に選出されたアモン前国民教育相の得票率は、前回から10~11ポイント伸びて16~17%となり、4位に付けた。

5月7日の決選投票では、マクロン氏の得票率が65%と、ルペン氏の35%を大幅に上回ると予想されている。フィヨン氏が決選投票に進出した場合にもルペン氏に勝つ見込みだが、得票率は59%にとどまりそうだ。

なおフィヨン氏はその後、息子と娘にも計8万4,000ユーロの不正給与が支払われていた疑いが浮上。同氏は一貫して不正を否定しているが、1月31日には警察が議会内の同氏の事務所を家宅捜索している。


関連国・地域: フランス
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

カルフール、ディアから取得の店舗売却も(05/23)

携帯電話ウィコ、タイで新製品2モデル発売(05/23)

PGNiG、イランでのガス開発一時中止も(05/22)

ヴェオリア、チェコで熱電供給施設を建設へ(05/22)

メルセデス、仏工場でEV生産へ(05/22)

仏電力公社、英の風力発電資産を一部売却へ(05/22)

鶏肉加工LDC、同業ドゥーの工場を取得(05/22)

小売りカルフール、上海で新店舗を開設(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン