• 印刷する

シュツットガルト、独で最も大気汚染が深刻

ドイツで最も大気汚染が深刻なのはシュツットガルト――。ドイツ連邦環境省(UBA)が公表した最新の年次調査から、こうした事実が分かった。ザ・ローカルが伝えた。

調査では、大気汚染物質である二酸化窒素(NO2)の濃度を測定。基準値は1立方メートル当たり40マイクログラムだが、交通量の多い道路の57%でこれを上回った。NO2濃度が最も高かった10本中3本は、シュツットガルトの道路で、うち1本では基準値の2倍以上の82マイクログラムに達した。このほかミュンヘン、ケルン、デュッセルドルフ、ハンブルク、キールなどの車道がワースト10位に入った。

一方、大気中の粉じんの濃度については、欧州連合(EU)が定める基準値を上回ったのはシュツットガルトだけで、全国的には2000年以降で最も低下した。

NO2による大気汚染は、ディーゼル車が主因とされる。ディーゼル車はガソリン車と比べて温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない反面、NO2の排出量が多いためで、世界各地の大都市ではディーゼル車の通行を禁止する動きが高まっている。昨年12月には、パリ、マドリード、アテネ、メキシコ市の4都市が2025年までにディーゼル車を市内から締め出すと宣言。ノルウェーのオスロでも1月17日から数日間にわたり市内でのディーゼル車の通行を一時禁止する施策を講じている。[EU規制][環境ニュース]


関連国・地域: ドイツフランスギリシャスペインノルウェー中南米
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

VW、新技術に440億ユーロ 自動運転やEVへ=新投資計画(11/19)

ユーロ圏インフレ率、10月は改定値も2.2%(11/19)

政府、大気汚染規制を緩和へ 都市のディーゼル車制限回避で(11/19)

自動車オペル、仏セグラとR&Dで提携(11/19)

コンチネンタル、自動運転車の公道テストへ(11/19)

ルフトハンザ、ケータリング事業の売却検討(11/19)

メルセデス、インドネで販売台数が2桁増(11/19)

国民の過半数「メルケル首相は任期満了を」(11/19)

バイエルン州、警察官の入れ墨の露出を禁止(11/19)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン