アウシュビッツ看守らのデータ、オンライン公開

ポーランドのアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所に勤務していたナチス親衛隊(SS)司令官や看守ら9,000人超のデータベースが1月30日、ポーランドの国民記録機関(INR)によってオンライン上で公開された。ほぼ全てがドイツ人で、一部は写真とともに掲載されている。

データベースは元々、ポーランドの大学教授が学生時代の1982年に博士論文の一環として作成し始めたもの。アウシュビッツに配置された9,686人の名前、出生地、誕生日、国籍、軍歴をはじめ、他の収容所の看守らも合わせて2万5,000人の情報が記載されている。

また戦後、裁きを受けた人物に関しては、裁判資料も添付。判明しているケースでは、処罰内容も載せている。研究者らによると、正式に起訴されたのは全体の12%に過ぎず、残りは戦死したか、旧ソ連の捕虜として死亡したか、刑罰を逃れている。


関連国・地域: ドイツポーランド
関連業種: IT・通信社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

【ウイークリー統計】第16回 物価水準と家計支出(07/19)

ポーランド平均賃金、6月は7.5%上昇(07/18)

アークレイ、露工場で尿検査装置の生産開始(07/18)

ポーランド政府、最高裁長官の任命を迅速化(07/16)

日立キャピタル、自動車リース2社を統合(07/16)

ポーランドの失業率、6月は5.9%に改善(07/13)

データ技術デュコ、国内外3カ所に拠点開設(07/13)

ベルリンとウィーン結ぶ夜行列車が復活へ(07/12)

西バルカンサミットが開催 経済や安全保障の協力強化で合意(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン