• 印刷する

ポーランドで外国人労働者が急増

ポーランドで外国人労働者が急増している。労働省がまとめた概算書を元に、ワルシャワ・ボイスが25日伝えた。

それによると、2016年に季節雇用された外国人労働者数は過去最高の130万人に上り、前年から66%以上増加した。正規雇用向けの労働許可証の発行件数も12万3,000件となり、前年から倍増している。

外国人労働者の大部分は隣国のウクライナ出身者が占める。ただ、中銀のポーランド国立銀行(NBP)の経済研究所員によると、ウクライナからの労働者がポーランドの人口全体に占める割合は依然として低いことから、労働市場や給与水準に与える影響は限定的という。

なお、経済紙プルス・ビジネス(Puls Biznesu)が2015年秋に調査機関IQSに委託して行った調査では、ポーランド国民の約4分の3が、移民労働者は不要と回答した。ただ、大多数は移民労働者を脅威として認識しておらず、移民労働者により失職する可能性があるとしたのはわずか17%だった。[労務]


関連国・地域: ポーランドウクライナ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独ダイムラー、ポーランドでEV電池生産へ(12/19)

ポーランド平均賃金、11月は7.7%上昇(12/19)

ポーランド、退職させた最高裁判事を復職(12/19)

COP24、パリ協定の実施指針採択し閉幕(12/18)

決済システムPSP、マスターカードと提携(12/18)

モラウィエツキ首相、信任投票が可決(12/17)

ポーランドの失業率、11月は5.8%に悪化(12/14)

レボリュート、リトアニアで銀行免許を取得(12/14)

旅行TUI、通期は4.1%増益(12/14)

欧州、ノルドストリーム2の敷設中止を要求(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン