• 印刷する

英EU離脱で3万人の雇用がポーランドに移管も

英国の欧州連合(EU)離脱に備え、金融など企業向けサービス部門で年内に2万5,000~3万人の雇用が同国からポーランドに移管される——。ポーランドのモラビエツキ副首相兼開発相が、24日の記者会見でこうした見方を明らかにした。ブルームバーグが伝えた。

同相によると、ポーランド政府は昨年、金融機関など30社以上の企業に接触し、ブレグジット後に事業の一部を同国に移転するよう打診した。その結果、「複数の大企業も含む数十社」から移転計画の情報を入手したという。同相は「かつてはポーランド人がロンドンに移住していたが、今はロンドンの企業が事業をポーランドに移転しようとている」と話す。

金融大手ではスイスのUBSがポーランド南部のクラクフ(Krakow)に国際拠点を構えるほか、米ゴールドマン・サックスはロンドンの従業員を3,000人に半減し、ワルシャワ拠点で数百人増やすと報じられている。また、米JPモルガン・チェースも2,500人を中欧に移す計画で、ポーランドでは事務管理部門の開設を検討していると伝えられている。

ポーランドでは、2004年のEU加盟以降に100万人以上が英国などの西欧諸国に流出。政府はその呼び戻しに取り組んでいる。その一環として、1兆ズロチ(2,450億ドル)を技術革新に投資するとともに、国内資本依存型の経済への移行を進めている。[労務]


関連国・地域: 英国EUスイスポーランド米国
関連業種: 金融サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

エネルガ、ポーランド最大の風力発電所建設(07/10)

ポーランドの失業率、6月は6.1%に悪化(07/08)

ドゥダ氏、同性カップル養子縁組禁止を公約(07/08)

ポーランド新車登録台数、6月は20.5%減少(07/07)

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

ポーランド政府、洋上風力発電で業界と合意(07/03)

MOL、PKNオーレンの給油所取得も(07/02)

ポーランド現職大統領と首都市長が決選投票(06/30)

英国とEU、集中協議を開始 対面での貿易交渉で現状打開へ(06/30)

グーグル、ポーランドで最大20億ドル投資へ(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン