• 印刷する

「イスラム国」、オンラインでドイツの若者勧誘

イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」がオンライン上の「ヘッドハンター」を用い、ドイツの若者を勧誘している――。連邦憲法擁護庁のマーセン長官の話として、ロイター通信が19日伝えた。

ソーシャルメディアやインスタント・メッセージング・サイトを通じて誘われる若者の中には、まだ10代前半の少年少女も含まれる。昨年2月にハノーバーの鉄道駅で警察官を刃物で襲い、重傷を負わせたモロッコ系の16歳少女もそうした若者の1人。また12月にも、西部ルートウィヒスハーフェン(Ludwigshafen)でイラク系の12歳の少年による爆破未遂事件が起きている。国内で勧誘されイラクやシリアに渡った人物は900人いるとみられ、うち約2割は女性という。

マーセン長官は、ソーシャルメディアでは偏った情報だけが飛び交う「エコー・チェンバー」現象が起きており、これが若者を過激派に引き込んでいると説明。欧州の情報機関はISそのものに加え、こうしたオンライン上の脅威にさらされている一般市民の監視も行っていると述べた。

当局は治安上の脅威と見なすイスラム過激派の548人を監視対象としているが、ドイツの法律の下では具体的な犯罪行為がない限り逮捕することはできない。昨年12月にベルリンの屋外市場に大型トラックが突っ込み、少なくとも12人が死亡した事件でも、当局は犯人のチュニジア人男性を監視していたものの、事件前の拘束には至らなかった。


関連国・地域: ドイツアフリカ中東
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、来年1月まで封鎖延長 目標の感染者数は「非常に遠い」(12/04)

新車登録台数、11月は3%減少(12/04)

TUI、18億ユーロの支援パッケージで合意(12/04)

DHL、途上国へのワクチン低温輸送に自信(12/04)

11月は45.3に大幅下落 ユーロ圏総合PMI確定値(12/04)

ドイツ鉄道、クリスマス期間の運行本数倍増(12/04)

独コンチネンタル、ハンガリーに大型投資へ(12/03)

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

VW、部品メーカーが反競争的行為巡り提訴(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン