ピカデリーサーカスの電飾看板、改修工事で消灯

ロンドン中心部の広場ピカデリーサーカスで16日朝、名物の電飾看板が消灯された。改修工事のためで、秋には再び点灯される予定。停電時や行事目的以外で電飾が消されるのは、第2次世界大戦後で初めて。BBC電子版が伝えた。

改修工事では、現在6つに分かれている画面を単一の巨大画面に取り換える。これに伴い、高解像度の映像ストリーミングや、天気予報および交通情報、スポーツ速報の表示も可能となる。工事完了後は米コカ・コーラなど6社が画面を共有する予定。工事中は広告幕が建物を覆う。

ピカデリーサーカスを見下ろす広場北側の建物の壁面は、1908年に初めて電飾を用いた広告が採用された。広告主の第1号はフランスのミネラルウォーター「ペリエ」。コカ・コーラは過去62年にわたり広告を掲載し続けている。前回、電飾看板が継続的に消されたのは1939年、ドイツ軍による空襲を避けるため灯火管制が敷かれた時で、1949年の再点灯以降は停電時と1965年のチャーチル元首相の葬儀および1997年のダイアナ元妃の葬儀の日を除き、長時間消灯されたことがなかった。


関連国・地域: 英国ドイツフランス米国
関連業種: IT・通信食品・飲料マスコミ・出版・広告社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

インドネ・ガルーダ航空、英国便の廃止検討(07/23)

英バーバリー、3千万ポンド相当の商品破棄(07/23)

アストンマーティン、「空飛ぶ自動車」発表(07/23)

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン