• 印刷する

ポーランド野党議員、議場演壇の占拠を解除

ポーランドの市民プラットフォーム(PO)など野党の議員は12日、ほぼ1カ月ぶりに下院・本会議議場の占拠を解除した。与党・法と正義(PiS)が、報道関係者に対する議会取材の制限を撤回することを約束したため。ロイター通信などが伝えた。

PiSは昨年12月、下院に出入りする報道関係者を制限し、国会中継も限られたテレビ局にのみ認めるとする法案を提出。これに野党側が反対して議場を占拠すると、2017年度予算案の承認の場を別の部屋に移し、議決に必要な最低議員数を満たさないまま強行採決した。また、先には安全強化のため下院議事堂の周囲にフェンスを設置する方針を示している。

PiSはメディアの制限は取り下げたものの、予算案の採決については譲歩を拒否している。議会は25日まで休会とし、与野党はさらに協議を行う。

PiSは2015年11月に政権を握って以来、憲法裁やメディアに対する権限強化を進め、野党との対立が激化している。市民は議事堂の外で抗議活動を行っているほか、欧州委員会も強権的な支配に対しては懸念を示している。


関連国・地域: EUポーランド
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロキャッシュ、小売り59店舗を閉鎖(07/23)

欧州委、ポーランドの司法改革巡り罰金も(07/22)

サンドビック、ポーランドのファナール買収(07/19)

日立など、ポーランドで送電事業の実証完了(07/12)

ポーランド野党、トゥスク氏復帰で支持上昇(07/09)

ユミコアのポーランド工場、再生エネ使用へ(07/09)

エネルギー各社、水素輸入に炭素税導入要請(07/09)

インポスト、食料品宅配サービスを試験導入(07/07)

トゥスク前EU大統領、ポーランド政界復帰(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン