• 印刷する

ストーンヘンジ付近のトンネル、最終計画が公表

イングランド南西部ウィルトシャー州の古代遺跡、ストーンヘンジ付近の道路をトンネル化する計画をめぐり、英運輸省は12日に最終案を公表した。世界遺産と周辺環境へのダメージに対する懸念から先送りされてきたが、最初の構想から30年近くを経てようやく青信号が出た。

現在、ストーンヘンジ付近道路の交通量は1日当たり2万4,000台を超える。政府は全長2.9キロメートルの片側2車線の双方向トンネルを建設することで、交通渋滞の解消と移動時間の短縮につなげられるとしている。

問題となっているのは、高速道路M3号線とM5号線を結ぶ国道A303号線の一部。政府は2014年12月、イングランドの道路インフラ整備に2020年までに150億ポンドを投資する方針を示し、うち20億ドルをA303号線の全面的な改良に充てるとしていた。

ただ政府の計画に対し、キャンペーン団体のストーンヘンジ・アライアンスは、トンネルの長さが4.3キロメートルを下回れば、景観を取り返しの付かないほどに損なうと反発。2015年には、より長いトンネルの建設を求めて1万7,500件の署名を集めた。

政府は3月5日までドライバーや住民から意見を公募し、今年後半には好ましいルートを明らかにするとしている。[環境ニュース] 


関連国・地域: 英国
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

BMW、ブレグジット後に英工場の生産休止(09/20)

テスコ、格安形態の店舗開業 国産食品主力で独同業に対抗(09/20)

欧州新車登録、31.2%増加 WLTP適用前モデルの値引きで(09/20)

ノボノルディスク、R&D部門の400人整理(09/20)

インフレ率、8月は2.7%に加速(09/20)

セインズベリーのアズダ買収、本格調査へ(09/20)

EU、11月の英離脱臨時サミット開催を協議(09/20)

GSK、インド事業売却にネスレなど名乗り(09/20)

下院財務委、仮想通貨規制の早期導入を要求(09/20)

生産者物価、8月は2.9%上昇(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン