• 印刷する

ストーンヘンジ付近のトンネル、最終計画が公表

イングランド南西部ウィルトシャー州の古代遺跡、ストーンヘンジ付近の道路をトンネル化する計画をめぐり、英運輸省は12日に最終案を公表した。世界遺産と周辺環境へのダメージに対する懸念から先送りされてきたが、最初の構想から30年近くを経てようやく青信号が出た。

現在、ストーンヘンジ付近道路の交通量は1日当たり2万4,000台を超える。政府は全長2.9キロメートルの片側2車線の双方向トンネルを建設することで、交通渋滞の解消と移動時間の短縮につなげられるとしている。

問題となっているのは、高速道路M3号線とM5号線を結ぶ国道A303号線の一部。政府は2014年12月、イングランドの道路インフラ整備に2020年までに150億ポンドを投資する方針を示し、うち20億ドルをA303号線の全面的な改良に充てるとしていた。

ただ政府の計画に対し、キャンペーン団体のストーンヘンジ・アライアンスは、トンネルの長さが4.3キロメートルを下回れば、景観を取り返しの付かないほどに損なうと反発。2015年には、より長いトンネルの建設を求めて1万7,500件の署名を集めた。

政府は3月5日までドライバーや住民から意見を公募し、今年後半には好ましいルートを明らかにするとしている。[環境ニュース] 


関連国・地域: 英国
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

DSスミス、ルーマニア工場のエコ化に投資(05/07)

英、各地で地方選の投票 19年の総選挙以降で最大規模(05/07)

英、駐英EU大使に完全な外交的地位を付与(05/07)

英総合PMI確定値、4月も分岐点超え(05/07)

英中銀、政策金利を0.1%に据え置き(05/07)

保険アビバ、トルコ事業の売却完了(05/07)

石油シェル、チュニジア上流事業から撤退へ(05/07)

ジャージー島、英仏間の漁業権争いの舞台に(05/07)

ニコン、英のDNA解読装置メーカーと協業(05/07)

英大手50社、大半はフルタイム出社計画せず(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン