仏国鉄、若者向け高速鉄道乗り放題パスを発売

フランス国鉄(SNCF)は19日から、16~27歳の若者を対象とした高速列車TGVの乗り放題パス「ハッピー・カード」を79ユーロで発売する。TGVの平均運賃は48ユーロで、これと比較しても割安だ。若者の列車の旅を奨励する狙い。ザ・ローカルなどが10日伝えた。

パスは1カ月有効で、都市間鉄道アンテルシテも対象となる。予約はパスの利用開始日の1カ月前から受け付ける。

フランス国内の鉄道旅行は、欧州の他の国と比べ割高とされる。100キロメートル当たりの平均運賃は17.59ユーロで、欧州では5番目に高い。最も高いのはスイスで47.44ユーロ、英国が23.44ユーロでこれに続き、オランダ(21.86ユーロ)とベルギー(20.54ユーロ)も20ユーロを上回っている。


関連国・地域: 英国フランスベルギースイスオランダ欧州
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン