• 印刷する

ドイツへの難民流入数、昨年は28万人に急減

ドイツ内務省は11日、2016年のドイツへの難民流入数が約28万人となったと発表した。2015年の89万人から3分の1に減少している。

欧州連合(EU)とトルコは昨年3月、トルコ経由でギリシャに到着した移民のうち、難民申請資格がないと判断された全員をトルコに送り返すことなどで合意。こうした措置やバルカン諸国の厳格な入国管理が流入数の減少につながった。これと反比例する形で、ドイツを自主的に出国あるいは送還された難民申請者は約8万人に増えている。

難民による正式な申請手続きは2016年に74万5,545件に上り、1年前から56.4%増加した。申請者の出身国で最も多かったのはシリアで26万8,866件に上り、申請全体の36%を占めた。次いでアフガニスタン(17%、12万7,892件)、イラク(13%、9万7,162件)だった。


関連国・地域: ドイツEUトルコアジア中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀、フィンテック企業の4.9%株取得(09/20)

独瓶詰め機クロネス、ハンガリー工場が開所(09/20)

ECB、ドイツ銀の自社債買い戻しで調査も(09/20)

欧州EV電池同盟、仏に試験工場開設へ(09/20)

独ヒューブナー、ハンガリー工場を拡張(09/20)

独財務相「英の合意なき離脱は貿易に障害」(09/20)

ダイムラー、CATLから商用車電池を調達(09/20)

独、サウジへの武器禁輸措置をさらに延長(09/20)

起業支援ロケット、上半期は2倍弱に増益(09/20)

ヘラー、商用車用フルLED補助ライト投入(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン