• 印刷する

国民の7割「ドイツは安全」=テロ後の世論調査

ベルリンがテロ攻撃の標的になった直後にもかかわらず、ドイツが「安全」と考える国民は7割を超える――。公共放送ARDと独紙ウェルトが世論調査機関インフラテスト・ディマップに委託して行った共同調査で、こうした実態が明らかになった。

それによると、ドイツが「どちらかといえば安全」と回答したのは73%。「どちらかといえば安全でない」とした26%を大幅に上回った。ベルリンでは昨年12月19日、クリスマスの買い物客でにぎわう屋外市場に大型トラックが突っ込み、12人が死亡、約50人が重軽傷を負う事件が発生している。犯人は難民申請を拒否されたチュニジア人の男だった。

治安維持を担う国家機関をめぐる調査では、警察を「信頼する」もしくは「非常に信頼する」と答えた人が88%に上り、2015年末に西部ケルンなどで発生した集団性犯罪をきっかけに警察に向けられていた厳しい目が和らいだ格好。一方、諜報機関への信頼は低く、連邦憲法擁護庁(BfV)および連邦情報局(BND)を「ほとんど信頼していない」もしくは「全く信頼していない」との回答は半数を超えた。


関連国・地域: ドイツアフリカ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独眼鏡フィールマン、スロベニア同業を買収(08/16)

「VW」乗用車販売、7月は3.3%減少(08/16)

エーオン、米テキサス州で風力発電所建設へ(08/16)

SGLカーボン、CEOが辞任=業績不振で(08/16)

メディアのコンスタンティン、上場取り消し(08/16)

肥料K+S、第2四半期は96.3%増益(08/16)

コンチ、自動運転向けの車載カメラを開発(08/16)

ドイツの欠航数、年初から計1.4万便に(08/16)

電力RWE、上半期は5倍超に増益(08/15)

A・シュプリンガー、第2四半期は3%減益(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン