• 印刷する

ポーランド、下院の周囲にフェンス設置へ

ポーランドの与党・法と正義(PiS)は近く、下院議事堂の周囲にフェンスを設置する方針だ。安全強化のためとしているが、同国ではPiSの強硬なメディア規制などに対し、野党議員や反対派がデモを繰り返している。ワルシャワ・ボイスなどが4日伝えた。

PiSは昨年12月、下院に出入りする報道関係者を制限し、国会中継も限られたテレビ局にのみ認めるとする法案を提出。これに野党側が反対して議場を占拠すると、2017年度予算案の承認の場を別の部屋に移し、メディアを遮断した状態で限られた議員だけで行った。同党は、報道関係者の制限は議員とメディアの癒着を防ぐためと説明。予算案についても、承認に必要な議員が集まっていたと主張している。

野党側は「議場以外で投票が行われたのは1989年の民主化以降で初だ」と、これを認めない構え。報道関係者の制限については下院が撤回すると発表したものの、一部の議員は議場への座り込みで反意を表明しており、議会が開会する11日まで続けられる見通しだ。また、議事堂の外でも多くの市民が抗議活動を行っている。

PiSは2015年11月に政権を握って以来、憲法裁やメディアに対する権限強化を進めており、内外で批判が高まっている。


関連国・地域: ポーランド
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ガラスのピルキントン、ポーランド工場拡張(01/22)

UAE社、ポーランド風力発電所の権益取得(01/20)

イン・ポスト、アムステルダム上場を計画(01/18)

労組、ポーランド政府の脱石炭化の草案拒否(01/15)

競争当局、アゴラのラジオ局買収を却下(01/12)

ポーランド新車登録台数、12月は1.9%減少(01/07)

ポーランド小売売上高、11月は5.3%減少(2020/12/28)

欧州委、ポーランド航空への公的支援を承認(2020/12/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン