• 印刷する

エリザベス女王、体調不良で新年礼拝を欠席

英王室は1日、エリザベス女王が恒例の新年礼拝を欠席したと発表した。「重い風邪」から完全に回復していないため。クリスマスに続き、療養を理由に礼拝への参列を見送った格好だ。ロイター通信などが伝えた。

エリザベス女王と夫のフィリップ殿下は、クリスマス前に体調を崩し、年末年始に滞在する英東部ノーフォークのサンドリンガムハウス行きを1日延期した経緯がある。移動手段も旅程を短縮するため、通常の鉄道からヘリコプターに変更した。その後、フィリップ殿下は体調が回復し、クリスマス礼拝と新年礼拝の両方に参列した。

エリザベス女王は昨年4月21日、90歳の誕生日を迎えた。2015年9月9日には、在位期間が高祖母に当たるビクトリア女王(在位1837~1901年)の2万3,226日16時間23分を超過。英王室史上で最長記録を更新している。近年は高齢のため、公務を減らしているものの、健康状態はおおむね良好とされる。

なお、フィリップ殿下も95歳と高齢だが、2016年には100件以上の公務を遂行している。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

BP、印再生エネ基金に7千万ドル出資(07/10)

ロンドンでクレーンが民家直撃、1人死亡(07/10)

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も(07/09)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

英、北アにEUの検疫施設を設置へ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン