エリザベス女王、体調不良で新年礼拝を欠席

英王室は1日、エリザベス女王が恒例の新年礼拝を欠席したと発表した。「重い風邪」から完全に回復していないため。クリスマスに続き、療養を理由に礼拝への参列を見送った格好だ。ロイター通信などが伝えた。

エリザベス女王と夫のフィリップ殿下は、クリスマス前に体調を崩し、年末年始に滞在する英東部ノーフォークのサンドリンガムハウス行きを1日延期した経緯がある。移動手段も旅程を短縮するため、通常の鉄道からヘリコプターに変更した。その後、フィリップ殿下は体調が回復し、クリスマス礼拝と新年礼拝の両方に参列した。

エリザベス女王は昨年4月21日、90歳の誕生日を迎えた。2015年9月9日には、在位期間が高祖母に当たるビクトリア女王(在位1837~1901年)の2万3,226日16時間23分を超過。英王室史上で最長記録を更新している。近年は高齢のため、公務を減らしているものの、健康状態はおおむね良好とされる。

なお、フィリップ殿下も95歳と高齢だが、2016年には100件以上の公務を遂行している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

小売売上高、6月は0.5%減少(07/20)

スポーツダイレクト、通期は12%増益(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

レストランのガウチョ、管財人の管理下に(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン