• 印刷する

エリザベス女王、体調不良で新年礼拝を欠席

英王室は1日、エリザベス女王が恒例の新年礼拝を欠席したと発表した。「重い風邪」から完全に回復していないため。クリスマスに続き、療養を理由に礼拝への参列を見送った格好だ。ロイター通信などが伝えた。

エリザベス女王と夫のフィリップ殿下は、クリスマス前に体調を崩し、年末年始に滞在する英東部ノーフォークのサンドリンガムハウス行きを1日延期した経緯がある。移動手段も旅程を短縮するため、通常の鉄道からヘリコプターに変更した。その後、フィリップ殿下は体調が回復し、クリスマス礼拝と新年礼拝の両方に参列した。

エリザベス女王は昨年4月21日、90歳の誕生日を迎えた。2015年9月9日には、在位期間が高祖母に当たるビクトリア女王(在位1837~1901年)の2万3,226日16時間23分を超過。英王室史上で最長記録を更新している。近年は高齢のため、公務を減らしているものの、健康状態はおおむね良好とされる。

なお、フィリップ殿下も95歳と高齢だが、2016年には100件以上の公務を遂行している。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀、資産の大半移管も ロンドンからフランクフルトへ(09/18)

スエズ、英の廃棄物発電に1億ポンド超投資(09/18)

スロバキアのインフレ率、2.8%に加速(09/18)

ユニリーバ、本社一本化巡り主要株主が反対(09/18)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

首相の離脱方針に歩み寄りも EU交渉官、通関手続き巡り(09/18)

IMF「合意なし離脱は英経済に大打撃」(09/18)

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.1%で横ばい(09/18)

政府、鉄道フランチャイズ制度を見直しへ(09/18)

ユーロスターの英従業員、2日間ストへ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン