• 印刷する

エリザベス女王、体調不良で新年礼拝を欠席

英王室は1日、エリザベス女王が恒例の新年礼拝を欠席したと発表した。「重い風邪」から完全に回復していないため。クリスマスに続き、療養を理由に礼拝への参列を見送った格好だ。ロイター通信などが伝えた。

エリザベス女王と夫のフィリップ殿下は、クリスマス前に体調を崩し、年末年始に滞在する英東部ノーフォークのサンドリンガムハウス行きを1日延期した経緯がある。移動手段も旅程を短縮するため、通常の鉄道からヘリコプターに変更した。その後、フィリップ殿下は体調が回復し、クリスマス礼拝と新年礼拝の両方に参列した。

エリザベス女王は昨年4月21日、90歳の誕生日を迎えた。2015年9月9日には、在位期間が高祖母に当たるビクトリア女王(在位1837~1901年)の2万3,226日16時間23分を超過。英王室史上で最長記録を更新している。近年は高齢のため、公務を減らしているものの、健康状態はおおむね良好とされる。

なお、フィリップ殿下も95歳と高齢だが、2016年には100件以上の公務を遂行している。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クリーンエネルギー、化石燃料上回る見通し(06/24)

トレインライン、ロンドン上場(06/24)

WPP、ポストプロダクション会社を売却(06/24)

小売売上高、5月は0.5%減少(06/24)

競争当局、FBに偽レビュー販売の撲滅要請(06/24)

HSBC、越で家庭用ソーラーパネルに融資(06/24)

スコッチの蒸留所訪問者数、昨年は過去最高(06/24)

党首選、最終候補2人決まる ジョンソン氏とハント氏が決戦へ(06/21)

EDF、フラマンビル新原発計画を再延期へ(06/21)

EU首脳、要職人事など協議 欧州委員長はEPPから選出濃厚(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン