• 印刷する

独2カ所で鳥インフル検出=3万羽超を殺処分

ドイツ東部ザクセン・アンハルト州ムーザー(Moeser)と西部ノルトライン・ウェストファーレン州ゾースト(Soest)の農場で、鳥インフルエンザウイルスが検出された。これに伴い、七面鳥とアヒル計3万羽超が殺処分された。当局の発表を元に、ロイター通信が19日伝えた。

ゾーストの農場で検出されたウイルスは高病原性のH5N8型で、七面鳥2万1,600羽が処分された。その後、ムーザーの農場でもウイルスが見つかり、アヒル9,500羽が殺処分されている。

ドイツでは過去数週間に、野鳥約540羽がH5N8型の鳥インフルエンザに感染していることが確認されている。家禽(かきん)の出荷が急増するクリスマス期を前に感染が広がるのを防ぐため、政府は先に、より厳しい衛生規定を導入。感染リスクが高い地域の農場では、屋内飼育が義務付けられているほか、ウイルスが検出された場合は速やかな殺処分を命じている。

ウイルスの感染は欧州各地で相次いでいる。これまでにドイツやスイス、オーストリア、オランダ、ハンガリー、ポーランド、フランス、英国などで報告されている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスオーストリアスイスポーランドハンガリー
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

実質賃金、第2四半期は0.5%上昇(09/21)

アストンマーティン、IPOの仮条件設定(09/21)

起業支援ロケット、上半期は黒字化達成(09/21)

アウディ、初の市販EV披露=30分で充電(09/21)

ポルシェなど、ARディスプレー企業に出資(09/21)

VW、次世代EVプラットフォームを初公開(09/21)

ドイツ、EV普及百万台は2022年に遅延も(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン