• 印刷する

独2カ所で鳥インフル検出=3万羽超を殺処分

ドイツ東部ザクセン・アンハルト州ムーザー(Moeser)と西部ノルトライン・ウェストファーレン州ゾースト(Soest)の農場で、鳥インフルエンザウイルスが検出された。これに伴い、七面鳥とアヒル計3万羽超が殺処分された。当局の発表を元に、ロイター通信が19日伝えた。

ゾーストの農場で検出されたウイルスは高病原性のH5N8型で、七面鳥2万1,600羽が処分された。その後、ムーザーの農場でもウイルスが見つかり、アヒル9,500羽が殺処分されている。

ドイツでは過去数週間に、野鳥約540羽がH5N8型の鳥インフルエンザに感染していることが確認されている。家禽(かきん)の出荷が急増するクリスマス期を前に感染が広がるのを防ぐため、政府は先に、より厳しい衛生規定を導入。感染リスクが高い地域の農場では、屋内飼育が義務付けられているほか、ウイルスが検出された場合は速やかな殺処分を命じている。

ウイルスの感染は欧州各地で相次いでいる。これまでにドイツやスイス、オーストリア、オランダ、ハンガリー、ポーランド、フランス、英国などで報告されている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスオーストリアスイスポーランドハンガリー
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バイエル、米の除草剤訴訟で賠償金が減額(07/17)

HIS、リーガ・エスパニョーラと契約(07/17)

ZEW景気期待指数、7月は悪化(07/17)

ドイツテレコム、動画見放題に違法判決(07/17)

照明機器オスラム、墺AMSが買収案を撤回(07/17)

VW世界販売、6月は1.6%増加(07/17)

ボッシュ、サプライチェーンをデジタル化へ(07/17)

BMW、星でアジア初の定額利用サービス(07/17)

シーメンス、独東部工場に官民共同で新施設(07/16)

PSAの販売台数、上半期は12.8%減少(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン