• 印刷する

独2カ所で鳥インフル検出=3万羽超を殺処分

ドイツ東部ザクセン・アンハルト州ムーザー(Moeser)と西部ノルトライン・ウェストファーレン州ゾースト(Soest)の農場で、鳥インフルエンザウイルスが検出された。これに伴い、七面鳥とアヒル計3万羽超が殺処分された。当局の発表を元に、ロイター通信が19日伝えた。

ゾーストの農場で検出されたウイルスは高病原性のH5N8型で、七面鳥2万1,600羽が処分された。その後、ムーザーの農場でもウイルスが見つかり、アヒル9,500羽が殺処分されている。

ドイツでは過去数週間に、野鳥約540羽がH5N8型の鳥インフルエンザに感染していることが確認されている。家禽(かきん)の出荷が急増するクリスマス期を前に感染が広がるのを防ぐため、政府は先に、より厳しい衛生規定を導入。感染リスクが高い地域の農場では、屋内飼育が義務付けられているほか、ウイルスが検出された場合は速やかな殺処分を命じている。

ウイルスの感染は欧州各地で相次いでいる。これまでにドイツやスイス、オーストリア、オランダ、ハンガリー、ポーランド、フランス、英国などで報告されている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスオーストリアスイスポーランドハンガリー
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独、渡航自粛勧告を見直し 感染状況に応じて各国個別に判断(10/02)

ドイツ政府、在宅勤務の権利を法制化へ(10/02)

VW、年内に戦略上の重要発表も=CEO(10/02)

コンチネンタル、事業再編で最大3万人整理(10/02)

グラマー、ハーマンと音響ヘッドレスト開発(10/02)

メルク、台湾で半導体材料の生産拡大へ(10/02)

独アイオータ、NTTデータやJLRと提携(10/02)

独、通信機器企業のガバナンス監督強化へ(10/01)

ティッセン、事業再編で800人削減へ(10/01)

DHL、EU離脱で英国宛速達に追加料金へ(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン