• 印刷する

ローマ、歴史地区の観光バス乗り入れ制限へ

ローマ市は、歴史地区への観光バスの乗り入れを制限する方針だ。交通渋滞や大気汚染を緩和する方策の一環。ローマの交通評議員を務めるリンダ・メレオ氏が28日に発表した。

新たな計画は、観光バスの市内の通行料を引き上げた上で、市中心部への乗り入れを一切禁止するもの。さらに監視体制を強化し、ルールに違反した業者に対する制裁も強める方針だ。

具体的には、市を現在の「ZTL1」と「ZTL2」の2区分から、「ゾーンA」「ゾーンB」「ゾーンC」の3区分に変更。市を取り囲む環状高速道路の内側に位置するゾーンAの通行料は、現在の42ユーロから50ユーロに値上げする。アウレリアヌス城壁の内側とバチカン市国を含むゾーンBは、排気ガスの水準に応じて600~780ユーロを徴収する計画で、従来の150ユーロから大幅に引き上げられるが、電気バスは半額に免除される。歴史地区のゾーンCは、スクールバスと障害者向けを除く全てのバスの通行を禁じる。

ローマ市民の多くがこうした取り組みを歓迎する一方、観光バスの運行業者は「今回の決定は悲惨なことになりかねない」との共同声明を発表。ローマの公共交通サービスは選択肢が限られており、観光客を混乱をさせると主張している。

ローマ市議会は12月にこの案を承認する見通しで、1年間の移行期間を経て2018年1月1日に施行される見込み。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

格安航空NAS、一部運航路線から撤退(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

イタリア製造業受注、11月は0.2%減少(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

エニ、オマーンの2鉱区のラインセンス取得(01/16)

ECB、各行に不良債権の全額引き当て要求(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

東地中海諸国、地域ガス市場を創設へ(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン