• 印刷する

高級オーディオのデビアレ、中国・鴻海が出資

仏高級オーディオのデビアレ(Devialet)に、台湾の電子機器受託製造サービス(EMS)大手、鴻海精密工業(ホンハイ、フォックスコン・テクノロジー・グループ)が出資する。子会社を通して株式4.2%を取得。取引額は1,600万ユーロだった。

デビアレは2007年にパリで創業。ADH(アナログ・デジタル・ハイブリッド)と呼ばれる独自の特許技術を持ち、製品は米アップルの店舗でも販売されている。

29日付中国時報によると、鴻海は先に傘下に入ったシャープのテレビにデビアレの技術を導入する狙い。これにより、製品の付加価値を高めるのが目的との見方が強い。[M&A]【NNA台湾】


関連国・地域: 台湾日本欧州フランスアジア
関連業種: 電機その他製造金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

エールフランス、トタルから持続可能燃料(12/06)

トタル、北海への投資縮小 英の超過利潤税で25%削減(12/05)

仏米首脳会談、露侵攻と米産業補助金に焦点(12/05)

トタル、カザフ・タンガ油田の権益売却(12/05)

ステランティス、仏5労組が賃上げ交渉(12/05)

仏製造業生産、10月は2%減少(12/05)

仏GDP、第3四半期は0.2%拡大=改定値(12/02)

半導体STマイクロ、ソイテックと提携強化(12/02)

仏新車登録台数、11月は9.8%増加(12/02)

アリアンスペース、衛星5基の打ち上げ受注(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン