• 印刷する

イタリアへの難民流入数が17万人突破=過去最多

北アフリカから地中海を渡ってイタリアに到着した難民の数が、11月末時点で17万人を突破し、既に通年の最多記録を更新した。内務省の発表を元に、ロイター通信などが28日伝えた。

それによると、1~11月の累計は17万1,299人。うちナイジェリア出身者が約3万6,000人と全体の21%を占め、これにエリトリア(2万人)、ギニア(1万2,000人)が続いた。これまでの年間最多記録は2014年の17万100人。昨年は15万4,000人が到達しており、過去3年間で50万人弱が海を渡った計算となる。

背景には、欧州連合(EU)とトルコが3月に合意した送還計画やマケドニアの厳格な入国管理の影響で、困難とみられるギリシャへのルートよりもイタリアを選ぶ難民が増えたことがある。同国の難民シェルターには現在、17万6,000人超が滞在し、難民申請件数は過去最多に達している。

同時に海難事故も多発しており、判明しているだけで今年は既に4,663人が死亡した。保護者が同伴していない子供の難民が増えていることも要因の1つで、10月末時点で2014年通年の1万3,000人に比べて2倍近い約2万3,000人の子供が到着している。


関連国・地域: イタリアギリシャトルコ北マケドニアアフリカ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イタリア新車登録台数、7月は19.4%減少(08/04)

イタリア中南部で森林火災多発=通報800件(08/04)

イタリア失業率、6月は9.7%に改善(08/03)

ウニクレディト、モンテ・パスキ買収で協議(08/02)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

日立造船、伊でバイオガスプラント建設へ(07/28)

イタリアやスペインなど南欧諸国で森林火災(07/28)

伊、店内飲食などでワクチン証明義務付け(07/26)

ユネスコ、ベネチアの危機遺産登録を見送り(07/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン