• 印刷する

仏大統領予備選の決選投票、フィヨン氏優勢か

フランスで27日に実施される中道右派陣営の大統領選予備選の決選投票で、フィヨン元首相(62)の選出が濃厚となっている。対するジュペ元首相(71)には大差をつける見通しだ。調査機関Ifopとフィデュシアルが行った世論調査を元に、ロイター通信が23日伝えた。

調査は11月21~23日に、6,901人を対象に実施された。それによると、回答者の65%がフィヨン氏に投票すると述べ、ジュペ氏(35%)に2倍近い差を付けた。フィヨン氏は20日に行われた第1回投票でも2位のジュペ氏を大きくリード。ジュペ氏が首位に立つとの事前予想を覆している。なお、3位で敗退したサルコジ前大統領は政界引退の意向を表明したが、第1回投票で同氏に投票した人の4分の3がフィヨン氏の支持に回ると答えた。

社会保守主義色の強いフィヨン氏は故サッチャー英元首相を敬愛し、経済政策に関してはリベラルな考えを持つ。また、向こう5年で公的部門で50万人を整理する方針を示している。

決選投票で勝利した候補は、来春の大統領選で極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首と対決するとみられている。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第278回:ペンハリガン トルコ式浴場から生まれた香水(04/24)

小売りカジノ、米アマゾンと提携拡大へ(04/24)

シュナイダーの印同業買収、現地当局が承認(04/24)

フィヨン仏元首相、給与不正支払い巡り裁判(04/24)

ムタレス、アルセロールから仏子会社取得へ(04/24)

AGC、ハンガリー工場の生産能力拡大(04/23)

ゴーン氏、会社法違反で東京地検が追起訴(04/23)

エンジー、米エムコア・グループの買収検討(04/23)

4月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(04/23)

仏黄色いベスト運動、聖堂再建の寄付金批判(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン