• 印刷する

仏大統領予備選の決選投票、フィヨン氏優勢か

フランスで27日に実施される中道右派陣営の大統領選予備選の決選投票で、フィヨン元首相(62)の選出が濃厚となっている。対するジュペ元首相(71)には大差をつける見通しだ。調査機関Ifopとフィデュシアルが行った世論調査を元に、ロイター通信が23日伝えた。

調査は11月21~23日に、6,901人を対象に実施された。それによると、回答者の65%がフィヨン氏に投票すると述べ、ジュペ氏(35%)に2倍近い差を付けた。フィヨン氏は20日に行われた第1回投票でも2位のジュペ氏を大きくリード。ジュペ氏が首位に立つとの事前予想を覆している。なお、3位で敗退したサルコジ前大統領は政界引退の意向を表明したが、第1回投票で同氏に投票した人の4分の3がフィヨン氏の支持に回ると答えた。

社会保守主義色の強いフィヨン氏は故サッチャー英元首相を敬愛し、経済政策に関してはリベラルな考えを持つ。また、向こう5年で公的部門で50万人を整理する方針を示している。

決選投票で勝利した候補は、来春の大統領選で極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首と対決するとみられている。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、グーグルと技術提携(09/19)

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

重電アルストム、上海地下鉄にシステム供給(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

コロン仏内相、リヨン市長選出馬で退任へ(09/19)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

トルコ自動車生産、8月は34%減少(09/18)

スエズ、英の廃棄物発電に1億ポンド超投資(09/18)

マクロン大統領の評価、政権発足後で最低に(09/18)

イケア、世界5都市の宅配にEV導入へ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン